« 男女同権。(あるいは雇用機会均等。) | トップページ | 「響鬼」四十二之巻「猛る妖魔」。 »

2005年12月 3日 (土)

「BLOOD+」#9「それぞれの虹」。

今なお残るベトナム戦争の傷跡に言及。リクのしたことは正しかったのか
間違いなのか。リアルで重い世界描写。

で、なに語しゃべってたのかなカイとリクは?
先週は百歩譲って小夜にはベトナム語の記憶が無意識に残ってるの
かなーくらいの好意的解釈をしてたんですが。
一般中高生のふたりにはベトナム語も英語も仏語もムリがあるよな?
もちろんベトナム現地のかたがたがみーんな日本語しゃべってくれてる
ってのもないよね?

日本語が世界を制覇しているパラレル世界なのかなーともおもったんだけども。
パソコン画面とか施設資料とか英語だったし。先週「日本の文字調べるの
たいへんだったんだから」ってことは普段は日本語と無縁ってことよね?
なによりたしかシリーズしょっぱなで小夜が「Sword!」って叫んでたし。
もしかして人類がテレパシーで意思疎通してるパラレル世界なのかっ?

なまじリアルでシリアスな世界描写だからかえってすんごく気になるの。
「月刊NEW TYPE」の1月号は「BLOOD+」ベトナム編の謎に迫る!そうです。
ぜひこの謎に迫ってください。

|

« 男女同権。(あるいは雇用機会均等。) | トップページ | 「響鬼」四十二之巻「猛る妖魔」。 »

アニメ・コミック」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/123432/7448114

この記事へのトラックバック一覧です: 「BLOOD+」#9「それぞれの虹」。:

» BLOOD+Episode-9:それぞれの虹 [Selfish!]
ベトナム・ハノイを中心に小夜を捜し出そうとするカイとリク。 途中二人は不発弾により片足を失った少女・ムイと出会い ベトナムで暮らす人々の現状を目の当たりにする・・・・ [続きを読む]

受信: 2005年12月 3日 (土) 20時53分

» BLOOD+ 「それぞれの虹」 [プチおたく日記 vol.2]
ベトナムの街中で食事をするカイとリク。 おいてけぼり二人のお話ですね。 私としてはサイドストーリー的な感じ・・・ 今日はハジもカールも出てこない寂しい回です・・・ リクは [続きを読む]

受信: 2005年12月 3日 (土) 21時01分

» BLOOD+ Episode-09 「それぞれの虹」 [K-DIARY]
「カイとリク、今頃どうしてるかな…」 小夜が二人の心配しているとき、 カイは満面の笑みで野球を楽しんでいましたとさ。 [続きを読む]

受信: 2005年12月 3日 (土) 23時07分

» レビュー・評価:BLOOD+ (ブラッド・プラス)/第9話「それぞれの虹」 [ANIMA-LIGHT:アニメ・マンガ・ライトノベルのレビュー検索エンジン]
品質評価 12 / 萌え評価 26 / 燃え評価 6 / ギャグ評価 6 / シリアス評価 35 / お色気評価 17 / 総合評価 18レビュー数 93 件 カイとリクは、ハノイの街で不発弾により左足を失った美しい少女・ムイに出会う。その頃、リセで起きた過去のファントム事件の写真を分析するデヴィッドたちは、被害者が全て黒髪、東洋的な顔立ちであることから、小夜が計画的に誘い出された可能性があることに気づく。沖縄・那覇の岡村写真館。有給を使ってベトナム行きの準備をする岡村は... [続きを読む]

受信: 2007年9月24日 (月) 05時49分

« 男女同権。(あるいは雇用機会均等。) | トップページ | 「響鬼」四十二之巻「猛る妖魔」。 »