« アレリーマン。 | トップページ | 「響鬼」最終之巻「明日なる夢」。 »

2006年1月21日 (土)

ウルトラマンマックス「勇気を胸に」。

先週の予告を見たときには、ショーンの話かと思っていたのですが。
実際はどっちかってーとカイトの話でしたな。

いまさら言うまでもなく、「ウルトラマン」というシリーズが持つ
永遠の苦悩でしょう。
異星人に、守ってもらっている、という事態。
一応人類の組織もがんばってはみるんだけどもまともには歯が立たない。
かつて「ガイア」のOP歌詞があまりにもそのテーマをはっきりと
歌い上げていて、初めて聴いたときに苦笑いしてしまった記憶があります。
結局ウルトラマンだのみかーい。
それはもうしかたのないことかも知れないんだけども。
(オトナ的にはウルトラマンが活躍しないと話になんないわけだしな。)
でもそれを認めるのと、だからといって最初からあきらめる、のは
別の話なわけです。

ちゃんと悩んで、甘えないで、がんばって、でも
現実にはウルトラマン頼みであることをちゃんと認めてもいる。
カイトやっぱり偉い。
マックスってほんとにたまたま来てて、おもわず手を貸しちゃっただけの
話なのね。もしかしたら「ルガノーガー」のときのおねえさんの星みたいに
地球が破壊の限りをつくされっぱなしである可能性もあったわけやね。
運がいいなぁ地球。

かんけーないけど、怪獣も腐ると臭うんだなぁ。あらためて認識。
ところで、腐敗がはやいことと骨も残さないことは同義なんですか?

|

« アレリーマン。 | トップページ | 「響鬼」最終之巻「明日なる夢」。 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

特撮」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/123432/8270036

この記事へのトラックバック一覧です: ウルトラマンマックス「勇気を胸に」。:

» 今日のウルトラマン〜恐怖と勇気と〜 [ガヴァドンなボログ]
 いよいよ来ました。今日の初代は『恐怖の宇宙線』、登場したのは我らが「ガヴァドン」でした。私にとっての理想怪獣です。暴れて町の破壊をするわけでもなく、ただ昼寝するだけなのに、日本経済を麻痺させてしまう存在感。劇中、化粧直しをして2つの姿を持つおしゃれ(?)ぶり。そして、何より、「ウルトラマン」よりチビッ子たちに人気があるのです。(ただし、劇中での話ですが。)  この作品の監督は、前話「真珠貝防衛指�... [続きを読む]

受信: 2006年1月22日 (日) 21時45分

» 【ウルトラマンマックス】勇気を胸に [空想非科学少女]
よく夢を見る人ですね。カイト。 それも自虐的な夢ばっかし。 才能ないしとか、試験 [続きを読む]

受信: 2006年1月22日 (日) 22時09分

» ウルトラマンマックス 第30話 [Y's WebSite : Blog 〜日々是好日〜]
ウルトラマンマックス、第30話は「勇気を胸に」 進化怪獣ラゴラスエヴォの登場です。 [続きを読む]

受信: 2006年1月22日 (日) 23時33分

» ウルトラマンマックス30、マックスギャラクシー敗れる! [子育てパパのブログ日記Next]
進化怪獣ラゴラスエヴォ登場  区切りの30回目らしい好作品になってました。  「私はいつまでもいられない」とカイトに話すマックス。  徐々に、マックスの終幕が近づいてきました。  なんとなく寂しいなぁ。 ◆  今回は不思議な雰囲気で始まった。  マックスが現れなかった世界で、病院に搬送されたカイトが命を失おうとする。  マックスがカイトを救った理由。  なぜ、カイトを選び、地球を守ろうとするのか。  前回の「何故怪獣は現れるのか」に続く、ウルトラシリーズの哲学的考察であり... [続きを読む]

受信: 2006年1月23日 (月) 19時00分

» ウルトラマンマックス・一言妄想感想 [オイラの妄想感想日記]
夢見るカイトな回←違いますw そんな、今週の妄想感想いきます。 [続きを読む]

受信: 2006年1月25日 (水) 07時14分

« アレリーマン。 | トップページ | 「響鬼」最終之巻「明日なる夢」。 »