« 「響鬼」最終之巻「明日なる夢」。 | トップページ | 「マジレン」#46「湖へ向かえ」。 »

2006年1月23日 (月)

「リュウケンドー」第3話「走れ!百獣の王」。

サブタイのカノン文字がやたらと長いです。
ハッ、これもしかして単語とか名詞だけじゃなくって文章?といまさら気づき、
単語の切れ目を推察してどうにか読めました。
‘HIS SPIRIT TOUCHED THE SPIRIT’(彼の魂が神霊に触れた)ですね。
先週も‘FIRE IT UP’(奮い立たせろ)だったのねと気づきました。先週は
文字数がすくなかったので一つの単語かと勘違いしてましただ。

SHOTの額は毛筆ですか。誰が書いたんだ一体。
使い魔にも感情あるのね。使い捨てられててかわいそうだなぁ。
開き直ったような空撮映像がいっそステキです。あきらかに最初から
本物に見せようと思っていません。かっこいー。
人が見てる前で変身しちゃいけないのね。
剣二くん、変身の瞬間に制服からパーカーにっ!すげぇやわざわざ
二段変身なんだ!
天地司令は一瞬でお掃除のおっちゃん姿から制服にっ!
みんな魔法の力ねきっと!

「心で」と言われ目をつぶる。お約束です。
前を見てないので激突。当たり前です。
突っ込んで散らかしたものをつい片づけようとしてしまう。ええ子です。
「あのぅ、うちのケダモノがなにか」「その若奥さんを離せ!」
行動も結果も言行も、絶妙な日常感に満ちています。

魔物は管轄外とはいえ、下っ端のおまわりさんにも自分の町を
守ろうという気概があるようです。
顔を知ってるご近所の人や同僚はやっぱり傷ついてほしくないよね。
見直しただわ警察のひと。ヨシノブくんの私怨くさくはあったけどさ。
チョーク棒のほうが拳銃より破壊力ありましたね。
意外と被害は甚大なんだなぁ、とけが人の群れを見て思いました。
のんきな町に見えるけども。ねぇリュウケンドーが機関車爆破したから
乗ってた一般市民が怪我したように見えたんですけど、気のせいですか?(汗)

正義の味方がやる気マンマンなのはいいことです。ズレてても好きだ。
やっぱ楽しいなぁ、このばんぐみ。ケダモノばんざい。

|

« 「響鬼」最終之巻「明日なる夢」。 | トップページ | 「マジレン」#46「湖へ向かえ」。 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

特撮」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/123432/8306192

この記事へのトラックバック一覧です: 「リュウケンドー」第3話「走れ!百獣の王」。:

» リュウケンドー第三話「走れ、百獣の王」 [ポーズ&ギミック]
あまり、こういう書き方は好きではないのですが・・・。とりあえず、言っとこうかなと思います。最初から最後までドタバタ劇の連続でした。間延びしたダラダラした展開で、子どもが見てても飽きてしまうのではないでしょうか?ただ延々と出来の悪いヒーロー警察ごっこをや...... [続きを読む]

受信: 2006年1月24日 (火) 20時04分

» RYUKENDO #3 [MEICHIKU なんでもぶろぐ]
今回も笑い所満載。しかし、こうなってくると「セイザーX」とも被ってくるのですが... という心配をしながら、BGMはお笑いの要素があるということで、今週の「セイザーX」と同様に「アルティメット・ピンク・パンサー」として始まり始まり。(だけど、「マジレンジャー」のクオリティの高い作品が後に控えていると、ちっぱり苦しい...) いきなり八百屋でのびている剣二。あけぼの町は装甲車に襲われている。(が、この装甲車って、機関車をイメージしたデザインだけれど、何処かに「機関車トーマス」を思い出させてくれる。)そ... [続きを読む]

受信: 2006年1月27日 (金) 16時05分

» 『魔弾戦記リュウケンドー』4話 [裏・無味感想]
2006年1月29日(日) テレビ東京 午前7時より30分間 とうとう4話目にしてリュウガンオーが、 主役の引き立て役に甘んじるようになってしまった。 というより、どうやら彼は魔弾キーを持ってないらしい。 当然変身する時はキーを使っているわけだし、 ファイ...... [続きを読む]

受信: 2006年1月29日 (日) 22時21分

« 「響鬼」最終之巻「明日なる夢」。 | トップページ | 「マジレン」#46「湖へ向かえ」。 »