« タイムスリップ。 | トップページ | タイムスリップアゲイン。 »

2006年1月 3日 (火)

「里見八犬伝」後半(TBS)。

戌年だから新春時代劇に「八犬伝」をもってきたんだろうか、と今ごろ
気づきました。でも肝心のイヌ出てないやん。(<八房カットされてる。)

「仁」が風使いで「忠」が火使い。ある特定の人々にとっては混乱を招く
設定ですが。(<あっちが後なんだから文句言わないように。)
すぐ死んじゃったけど、お小姓のおにいちゃん頭良さげで
ポイント高かったなぁ。
あと荘助(義)思いのほかカッコよかった。

どうも角川映画版の印象が強すぎて(あの映画は原作をかなり変えていると
承知してはいますが)、八犬士が一人も死ななかったことに安心してたり
ちょっと気抜けしてたり。玉梓までハッピーエンドかよ、とおもいましたが
まぁあんなもんでしょう。反戦ドラマだったのかこれ?

エンディングテロップで名前の表示順が「八犬士加入順」だったり
「五十音順」だったりしたのが、時代劇ならではというか、なんだか
妙な気の遣いかたをしていておもしろうございました。(<ポイントそこですか。)

おもったよりはおもしろかった。

|

« タイムスリップ。 | トップページ | タイムスリップアゲイン。 »

サムライトルーパー」カテゴリの記事

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/123432/7988324

この記事へのトラックバック一覧です: 「里見八犬伝」後半(TBS)。:

« タイムスリップ。 | トップページ | タイムスリップアゲイン。 »