« おかえりなさいませ、お嬢さま。 | トップページ | 「マジレン」#48「決戦」。 »

2006年2月 5日 (日)

「リュウケンドー」第5話「あいつがライバルだ!」。

サブタイトルは「EMULATOR EMERGE」(競争者出現)。まんまやん。
しかしいまさらナンですが、このカノン文字、昔のミクロマン文字?みたいに
ひらがな対応だったらちいさいおともだちも楽しめたのにね。
英語じゃお子さんがたはどうしようもないよね。

今回はジャークムーンと小町さんの紹介話、て感じでオレの燃えポイントは
あんまりなかったです。
ジャークムーンかっこよかったけどな。まず敵の情報集めから始めるって
意外と知性派やん。でも剣士の美学も持ってるって、ステキです。
バカ正直に一般人相手にいちいち名乗ってるし。かっこいー。
ヒーローのパワーアップ変身邪魔してるし。あっぱれです。

スリーアミーゴスの花田さん、保身のためにしたってとっさに上司を守るため
ジャークムーンに立ち向かっていったのは偉いです。カッコいいです。

剣二くん、制服じゃなくなったのは職場に慣れたからか、
バンク対策か。<あっ。でも実写なのに着た切りスズメの運命よね。
調子ぶっこいてた剣二くんですが。やがて自分の過ちに気づきます。
「オレは大バカ野郎のスットコドッコイだ!」えらいっそのとおりだっ!

ああやってよそで争ってくれると被害が少なくていいよね。
でもよその空間造ってくれたのは敵方なんだよね(苦笑)。
用が済んだら自動で帰ってこられるのもありがたいよね。
とっさに走り寄ってリュウケンドーをかばうように立ったリュウガンオー。
かっこいいっ!
変身後はリュウケンドーって呼んで、変身が解けたら名前で呼ぶのだね。
やっぱり正体隠すためかしら。

自分で「オバケなの」って言うオバケ(笑)。好きだ。
「キレイなひとって言ってくれたでしょ」おんなのひとってそうだよな。
霊力使いすぎたからもう助けられないよって、釘さしてたのが丁寧でした。
そうそう都合良く助けられてたらダメだよね、正義の味方。
でも助けられるのに助けないのもヘンだもんね。

「リュウケンドーの育成」が以後の愉しみになったようだ、ジャークムーン(笑)。

|

« おかえりなさいませ、お嬢さま。 | トップページ | 「マジレン」#48「決戦」。 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

特撮」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/123432/8520419

この記事へのトラックバック一覧です: 「リュウケンドー」第5話「あいつがライバルだ!」。:

» RYUKENDO #5 [MEICHIKU なんでもぶろぐ]
相変わらず、過去の他作品を積極的に持ってきて、それらをパクろうという姿勢に満ちている「リュウケンドー」。でも、本作の後の時間に放送される「マジレンジャー」がクライマックスを迎えてシリアス路線で突き進んでいるだけに、こういうパロディ路線というのはかえって歓迎でもある。ということで、今回のBGMはパロディ映画「ホット・ショット」のサントラ盤としてスタート。 前回、自宅が全焼したコロッケ屋・いのまたの大将と女将さんがコロッケで月見をしていると、謎の声がして、SHOTについて尋ねられる。ということで、いよい... [続きを読む]

受信: 2006年2月 6日 (月) 15時28分

» 魔弾戦記 リュウケンドー #5 [KIMAGURE]
先週分まだみてませんw 今週は、ジャークムーン対リュウケンドーでしたね。 ジャークムーンの騎士道に反発しまくるDrウォーム。 某番組の某剣士と某おかま魔法使いを思い出します。 メー○ィなんて忘れてたわ・・・。 ジャークムーンとの剣での戦いは見ものでしたね。 あれはよかったかも。 三位一体技とかさ。鳴神くん素直だね。 ただ、やっぱり背景等がイマイチ。 なにがたりないのか?やっぱ東○みたいに火薬をつかってないから? 派手さがないのだろうか?CGじゃ出し切れない面白さがないからだろうか?... [続きを読む]

受信: 2006年2月 8日 (水) 11時35分

» 魔弾戦記リューケンドー5話「あいつがライバルだ」感想 [mk.com記録書庫]
リューケンドー3話の感想で「リタイヤ決定かな」などと書いたら、「リュウケンドーは5.6話が面白いらしい」というコメントがついたので、時間ができたこともあって試しに見てみたところ…。けっこう面白かった(・∀・)ゞハッハハハ増長主人公が反省するまじめな話でギャグが抑え気味だったことと、CG戦闘ではなく肉弾戦がメインだったためかなかなか燃えた。不動が必殺技を繰り出そうとしているところに攻撃をしたり、容赦なく蹴ったりするあたりいいですね。不動が危ういところに鳴神がさっそうと登場したり、異空間もためらわず飛び... [続きを読む]

受信: 2006年2月 8日 (水) 12時04分

« おかえりなさいませ、お嬢さま。 | トップページ | 「マジレン」#48「決戦」。 »