« 牙狼<GARO>「少女」。 | トップページ | リュウケンドー新展開。 »

2006年3月27日 (月)

「リュウケンドー」第12話「禁断の発動!サンダーリュウケンドー!」。

サブタイトルは「INVOKE THE FORBIDDEN」(禁じられたものの発動)。そのまんま。

ヒーロー変身不能ー。大ピーンチ。
悩み、大いに落ち込む主人公。主役が変身できないは、敵の要塞が
突然上空に出現するは、ほとんど最終回間際のような盛り上がりです。

とうろうのおの(蟷螂の斧)……自分の微弱な力量をかえりみずに強敵に反抗すること。
                   はかない抵抗のたとえ。(広辞苑より)

だそうです。無力さをわかってて、それでもやめないあたりがカッコいいぞ警察。
避難してきた肉屋の奥さんが抱えてたのは、お位牌とヨン様のポスターですねっ?
誰も気にしなさそうなところに凝ってる演出がステキです。

あけぼの町民、おそるべし。日本国内で一町内会がそんな軍備持ってたら
いけないとおもうんですが。魔物が攻めてきてるんだし、いーか今さら。
肉屋のオヤジの機体には「肉」の一文字が。専用機なんですか?(笑)
左官屋のオヤジも戦闘機乗りなんですね。肉屋の奥さんじゃないけど、
どこにしまってたんだそんなもん。昔いったいなにが攻めてきたんだ~?
抵抗の手段を持たない花屋のお姉さんですら、心を強く持っていて決して
負けてはいません。
守られているひとたちが、守られているばかりではないというのがええ感じです。
みんなができることをしながら、リュウケンドーを固く信じて待っています。

なんでそんな遠距離でフツウに会話してるだリュウケンドーとジャークムーン。
やはり魔法の力。
なにがいちばん大切なことか、ふっきれた剣二はサンダーリュウケンドーに
変身。みごとに要塞を粉砕します。
やっぱりビリビリのチカラが最強なのね。<ばんぐみがちがいます。

今回街を守った最大の功労者は瀬戸山さんのような。
警察もリュウガンオーも、実質役に立ってなかったような気が。
魔物よりもカラオケとか犬のウ○コのほうが大問題ですか婦警さん。
今まで目立っていなかった豚々亭のお兄さんは、今回別の意味で大活躍(笑)。

|

« 牙狼<GARO>「少女」。 | トップページ | リュウケンドー新展開。 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

特撮」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/123432/9275553

この記事へのトラックバック一覧です: 「リュウケンドー」第12話「禁断の発動!サンダーリュウケンドー!」。:

» RYUKENDO #12 [MEICHIKU なんでもぶろぐ]
またもパワーアップとなる物語。今回はサンダーリュウケンドーの登場となった。とにかく本作品は殆ど毎回の様にパワーアップしている。'70'sのヒーロー作品では半年か1年の物語の中で、パワーアップというのは1回から2回というのが普通であり、中にはパワーアップをしない作品もある。玩具を売りたいということは分かるが、「ヒーロー番組は教育番組だ」という宮内洋先生の言葉を考えたら、こうも次々と新アイテムが登場するということは、「使い捨て」「消費は美徳」ということを推進しようというように感じられ、「エコ社会」「環境... [続きを読む]

受信: 2006年3月27日 (月) 17時39分

» 我が故郷は緑なりき。この命尽きるとも守るべし。 [コトノハヒロイ]
@魔弾戦記リュウケンドー 第12話 by 御前さま。 [続きを読む]

受信: 2006年4月 5日 (水) 15時22分

« 牙狼<GARO>「少女」。 | トップページ | リュウケンドー新展開。 »