« ウルトラマンメビウス「運命の出逢い」。 | トップページ | 「リュウケンドー」第14話「新たなる敵」。 »

2006年4月 9日 (日)

「仮面ライダーカブト」11。

ああぁぁぁぁぁ、#↑だ#↑だ#↑だぁぁぁ(泣)。
これはなにかのバチですかオレなにかいけないことでもしましたかぁぁぁ?
まだ夏には早いとおもうんですけどもぉぉぉぉ。
……ただのテロップ一行で錯乱してしまい、いろんなことを考えて
しまいました。ほとんどアレルギィ。いかんな先入観は、とは思うが。

……またヘンな奴が出てきたよ。
死んだヒトにならともかく、死にかけのヒトに対してもっと別にやることが
あるだろう。いまわの際にそんなことされたら、ワタシならきっともっと
うらめしそうな表情で死ぬだ。
そもそも一体なんのために渋谷に行ったのだ彼ら。
あの女性も一体なんのために渋谷にいたのだ。どうみても災害直後の
七年前じゃなくって現在の渋谷みたいなんだけども。
渋谷で現在に至ってまで一体なにが起こっているのだ。放置せずに
最終回までに説明がなされること希望……期待せずに一応希望。
他人に関心を持たないのが渋谷のオキテなら、なぜ嬢ちゃんを止めた
のだ、路上生活者のおっちゃん。

加賀美がザビーの資格を放棄することは彼の意志ひとつで
可能なんですか?ザビーであり続けることがハチロボの意のままなら、
やめることもあのハチの許可がいるような気がするんですが。
大体あのハチのタトゥーどうなった、加賀美。銭湯の入り口で止められ
そうなイキオイの腹になってたけども。
……もしかして、ザビーの資格を拒否した真の理由はあのみっともない
個性的なタトゥーですか加賀美くん。
でも思えばあのでっかいマークがあったんだよな、矢車さんの腹にも。
想像するとなんだかトホホホホ。

店内で不自然なやりとり。それはいったい誰よろこばすための演出なんですか?
それお子さんおもしろいんですか?それとも女性ファン向けのつもりなんですか?
オレが女として特殊なんですか?
耐えられなくておもわず再生切っちゃった。ごめん。

またド厚かましい物言いのおじょうちゃん登場。飽きた
ナイスタイミングにナイス地点で強盗事件発生。飽きた
ヘンな奴がヘンな奴にヘンって言ってるだ。「目くそ鼻くそを笑う」って
いうことわざを思い出しました。
ナイスタイミングにナイス地点で天道の目の前にワーム出現。飽きた
一匹逃がしてなぜ平然と帰ってくるんだ天道。
たまたま思いつきで天道宅にいた加賀美にたまたま合コンの電話。
やはり世界は彼ら中心にまわっているようです。さすが天道とその一味。
昼間っから、屋形船で、合コンするというセンスが意味不明ユニィク。
そんな限定された状況で襲われる運の良さがまたたまらん。

「ドレイク」って、「drake」だと「アヒルの雄、雄ガモ」のことだそうです。
トンボだと「dragonfly」なんですけど。なんでそんな名称になったんやろ。
なに語なのかなぁ。<根拠があるとは信じたいらしい。
……いろいろ調べたらトンボじゃなくて「カゲロウ」(green drake)らしいです。
あんま強そうじゃないなぁ。

はっはっはっ、ほとんど三ヶ月ぶりの不快感。
「いい加減にして。どこまで調子に乗れば気が済むわけ?」
頼むから平穏な日曜の朝を維持させてくれ。<観なきゃいいんです。

|

« ウルトラマンメビウス「運命の出逢い」。 | トップページ | 「リュウケンドー」第14話「新たなる敵」。 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

特撮」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/123432/9509877

この記事へのトラックバック一覧です: 「仮面ライダーカブト」11。:

» Masked Rider KABUTO #11 [MEICHIKU なんでもぶろぐ]
今回は井上敏樹脚本。「555」のようにメインライターならばいいものの、かき乱してくれそうな予感のもと、3人目のライダーが登場する物語。で、3人目はドレイク。トンボである。でも、今回は登場しなかったが、ドレイクのライダーフォームは何となく「キャプテン・トンボーグ」(From「ビーロボ カブタック」)という感じがしないでもない...(マスクドフォームは「仮面ライダータイガ」だし...) ということで、今回のBGMは「カブタック」に決定。 渋谷の廃墟。瀕死の重傷を負って苦しんでいる女性の側に一人の少女が立... [続きを読む]

受信: 2006年4月 9日 (日) 22時38分

» 今日のカブト(2006.4.9) [はんちゃんのページ]
第11話 毎回あらすじを描くことにちょっと疲れてきたので、今回より路線変更いたします(_ _)あらすじは、公式HPにてご覧ください。 メイクアップアーティスト・風間大介=第3のライダー・ドレイク登場。... [続きを読む]

受信: 2006年4月 9日 (日) 23時02分

» (特撮感想)仮面ライダーカブト第11話「合コン燃ゆ」 [萌え喫茶]
渋谷が凄いことになってるー��( ̄□ ̄;)なにこの無法地帯…でも、目と鼻の先は普通のビル街ですよねーなぜ、こんな地帯を放置しておくのだろう…法治国家ですよね、ここ。さて、今回の脚本は井上俊樹さんということで…賛否両論だとは思います。案の定...... [続きを読む]

受信: 2006年4月10日 (月) 18時10分

» 仮面ライダーカブト第11話「合コン燃ゆ」 [電脳羅針盤]
今週から仮面ライダーカブトの感想を暇があれば書いていきたいと思います。仮面ライダー生誕35周年記念番組ということでかなり力が入っていて面白い作品ですので、毎週楽しく観ていますよ〜さて、記念すべき第一回目の感想…わーい!よりにもよって井上さんの脚本の回ですか....... [続きを読む]

受信: 2006年4月11日 (火) 02時35分

» 仮面ライダーカブト第11話「合コン燃ゆ」(特撮) [すのくろブログ]
天道×加賀美キター!!床の間の奥さん方や婦女子のハート掴みまくりですよ! そして今回、登場の仮面ライダードレイク。あんまり悪い人じゃなさそうっていうか、ある意味で天道似なキャラかと思ったら、それほど、俺様系(?)ではありませんでした。まぁ....... [続きを読む]

受信: 2006年4月11日 (火) 04時22分

» 誘惑〜蠱惑の〜♪馬鹿トンボ〜♪ [ヤフオク 毒漁日記 〔風雲仕業屋稼業〕]
仮面ライダーカブトfont color=green size=711/font これまで多少の粗にゃ頬被りし、絶賛してきた本作。 今回のエピソード、 [ギャグ編]としては 「グー♪」、 font color=green仮面ライダーカブト/fontを 『ヒーロー物の設定を利用した、ブラックコメディ』 と割り切って楽しむなら、傑作かも知れんけど。 (実際、[俺様..... [続きを読む]

受信: 2006年4月11日 (火) 21時56分

» 仮面ライダーカブト #11 [『真・南海大決戦』]
さてさて、期待と不安の入り混じる11話。 思ったほどでもないような、思っていた以上なような… ま、でもとりあえずココは言っときたいけど。 風間の描写を増やしすぎて、ドレイク変身直後に「続く」てのはどーかと思ふ!... [続きを読む]

受信: 2006年4月12日 (水) 18時09分

» 仮面ライダーカブト第11話 「僕らはみんな生きている」 [アクションフィギュア情報サイト ポーズ&ギミック]
脚本・井上敏樹/監督・田崎竜太/アクション監督・宮崎剛【おさらい&ガイド】新たなザビーへの指令は、やはりカブトの抹殺だった。苦悩し、姿を消して欲しいと頼む加賀美だが、天道は「つまらないヤツ」と取り合わない。そんな折、生き残っていたコレオプテラワームが姿...... [続きを読む]

受信: 2006年4月15日 (土) 10時29分

« ウルトラマンメビウス「運命の出逢い」。 | トップページ | 「リュウケンドー」第14話「新たなる敵」。 »