« 同性婚? | トップページ | 「トリビアの泉」影ナレ。 »

2006年4月26日 (水)

「仮面ライダーカブト」13。

なんのために出てきたんだ矢車さん……。<今週の感想。

相手の言うことが正しいとわかってるのに、気にくわないから、と
力をふるうようなヒトでもライダーシステム使えるんですね。
「選ばれし者」の基準がよくわかりません。単純に体質かなんかか?

組織が解散されても武器を所持し続けているもとシャドウ隊員。物騒。
ああ、ZECTの身分は保持されているのか?加賀美みたいに。
それでもみんな別の仕事兼業してるってのは、命がけにもかかわらず
生活が成り立たない程度の給料しか出ないのかZECT?!
……機密保持できなさそう、それって。不安謎は深まるばかり。

機密が漏洩しているらしい。……組織的に動いてるのかワームって。
わざわざZECT隊員狙ってくるって、ZECTを脅威視してるのか?
そんな気にするほどの敵とも思えないんだがZECTって。<あっ。

加賀美に託される新兵器。なんだか大人の行動です。
しかし中身はただの「今週のびっくりどっきりメカ」だったよーな気が。
かわいいけど。補充どうするんですか。あれ全部戻ってくるんですか?

「男がやっては行けないことがふたつある」……その食べ物投げたワーム、
男とは限らないんじゃなかろうか、とツッコんだのはワタシだけではないはず。
そんな誇らしげに見せるようなもんだったのかそのハチのタトゥー。
変身能力とリーダーシップは別のものだと思うんだけどなぁ。
ヘンなチームだよなシャドウって。
まぁいーかカブトがいれば、あとの戦力はどーでも。(<あっ。)

昔見たバロム1に似ている、いや忍者キャプターかっ?!と悩んでいたら
誰かが「超神ビビューン」、とおっしゃっていました。そうかもしんないっ。
いやドレイクの話なんですけどね。
以前のシリーズでも思いましたが、一般のかたに
アマゾンとイナズマンとドレイクと並べて、「仮面ライダーはどれ?」って
訊いたら迷わずドレイクははずすんじゃないかと思います。
龍騎といい、どうなんだろう最近のデザインって。

もうなんでもいいや、脚本家が元に戻っただけで万々歳だ♪(<あっ)

|

« 同性婚? | トップページ | 「トリビアの泉」影ナレ。 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

特撮」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/123432/9767135

この記事へのトラックバック一覧です: 「仮面ライダーカブト」13。:

» 仮面ライダーカブト #13 [『真・南海大決戦』]
冒頭に、実は元シャドウなピザ屋が襲われてた所が完全に東映撮影所でした。 いや、そんなのは別に珍しくも無いのですが、超個人的にグッと来たのは、その前。 夜の街並みからパーンダウンしてくると、ピザ屋のバイクが走っている。 という、シーン。 完全にオイラの地元・大泉駅周辺の夜景だったのがツボでした。 撮影所内が写っているのは珍しくもないけど、あそこまで堂々と大泉学園が出るのは珍しいからさ、ウフ。しかしエライもんで、米村さんに戻ると、ドレイク風見との絡みですらいつものカブトのような気がして... [続きを読む]

受信: 2006年4月26日 (水) 21時57分

» Masked Rider KABUTO #13 [MEICHIKU なんでもぶろぐ]
いよいよ、ザビーが「555」のデルタ化した物語。(3人目の変身者。)脚本は井上脚本から米村脚本に戻ったが、かき乱してくれた井上脚本の尻ぬぐいが待っている... で、BGMは「555」のデルタがファイズ、カイザと共にジャケットに写っているMAXI SINGLE「EGO ~eyes glazing over」ということにしてみました。 カブトへ襲いかかるドレイク。加賀美は「二人が戦う必要なんてない」。ゴンもカブトに向かって「あんたの方が正しいよ」で、天道も「いい保護者だなぁ」。それにしてもこの変な連中は... [続きを読む]

受信: 2006年4月27日 (木) 17時59分

» 仮面ライダーカブト第13話「アンサーソングは哀愁!」 [アクションフィギュア情報サイト ポーズ&ギミック]
脚本・米村正二/監督・長石多可男/アクション監督・宮崎剛【おさらい&ガイド】天道との“女呼んで対決”、得意のアルティメットメイクで体育会系女子大生を次々に篭絡する風間。その途中で会った顧客のセレブ女性にも加勢を頼む。これで圧倒的に優勢に違いない。一方、...... [続きを読む]

受信: 2006年4月30日 (日) 08時47分

« 同性婚? | トップページ | 「トリビアの泉」影ナレ。 »