« リュウケンドー新展開。 | トップページ | 「交響詩篇エウレカセブン」最終回。 »

2006年4月 2日 (日)

「リュウケンドー」第13話「時を超えためぐり逢い」。

サブタイトルは「魔弾戦記リュウガンオー」(<違います)。

……もとい、「RENDEZVOUS WITH TIME」(やがて集結する)。
らんでう゛ーって、こんなつづりだったのか。初めて見たよ。
元はフランス語なのね。

先週、ずっと独りで戦っていた、剣二が来てくれてうれしかった、等々
つぶやいていた不動さん。その心情が今週具体的に語られています。
って、非常に凝った、いわゆる総集編ですが。

なんで高所から落下したくらいでタイムスリップするのだ剣二くん。
まぁいいか、あけぼの町だし。
なんでそんなに察しがいいのだ、ゲキリュウガン。
剣二くんどこから出したんだその救急箱。
不動さんなんで寝たまんま手間取りもせずに手錠の鍵の解錠ができるんだ。
まぁいいか、「リュウケンドー」だし。
戦闘機出てきてから、もうなにがあっても気にならなくなりました(笑)。

やられシーンも、集め方次第でこんなカッコよくなるのね。
フツウ、やられシーンばっかり集めたらみっともなくなると思うのですが。
不動さん、カッコいいよぅ。

不動さんが、剣二くんのことだいすきだということがよくわかりました。
あんまり先輩扱いしてもらってないのに、不動さんのほうは剣二くんを
心では後輩だと思って大事にしているようです。ええお人や。
最後は魔人の集団に向かって剣二くんにかまわず銃乱射してたけどな(苦笑)。

|

« リュウケンドー新展開。 | トップページ | 「交響詩篇エウレカセブン」最終回。 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

特撮」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/123432/9395672

この記事へのトラックバック一覧です: 「リュウケンドー」第13話「時を超えためぐり逢い」。:

» RYUKENDO #13 [MEICHIKU なんでもぶろぐ]
4/1からはKBS京都(毎週土曜日の11時からの放送)でも本作の放送が始まったが、筆者はテレビ大阪の視聴が可能なエリアの京都府に住んでいるので、これからもテレビ大阪の放送で視聴することにする。また、今回は、「牙狼」の最終回や「銭形雷」と「銭形泪」の放送枠の移動、WOWOWでチェックしておきたい映画の放送があったということで、結果的に本作を見ることができたのが月曜日になったため、記事の方も月曜日にということになった。(来週以降は日曜日に戻るはずですが、こればかりは分かりません。) 今回の物語は、番組改... [続きを読む]

受信: 2006年4月 3日 (月) 18時33分

» 魔弾戦記リュウケンドー 第13話 「時を超えためぐり逢い」 [TRASH Rのぶろぐ?]
今回って総集編だったんだねえ〜、って前回の次回予告ではそんな感じは 全くなかったし、今回も途中までそんな気はしなかった。前回で剣二が 不動さんの事をおっさんと呼ばない!と [続きを読む]

受信: 2006年4月 5日 (水) 20時35分

» 魔弾戦記リュウケンドー13話「時を超えためぐり逢い」感想 [mk.com記録書庫]
不動銃四郎メインの話かと期待してゐたのだが、總集編だつた。少し殘念。劍ニも嫌ひぢやないけれど、調子に乘り過ぎで苛々する時があるんだわ。不動が一番、劍ニは二番、三時の(略)派としては!不動は奧樣對象キャラだと改めて感じた。どぶねずみ小僧を張り込み中賑やかな張り込みだ。時を驅ける劍ニどぶねずみ小僧を捕まえやうとしたところ、鼠捕りの罠に掛かつた劍二は建物から轉【転】落し、頭を打つた。その衝撃で、赴任する前に時間移動してしまつたのである。信じない不動に手錠を掛けられた劍二は、自分の活躍を意氣揚々と語るのであ... [続きを読む]

受信: 2006年4月 5日 (水) 23時20分

« リュウケンドー新展開。 | トップページ | 「交響詩篇エウレカセブン」最終回。 »