« 「リュウケンドー」第13話「時を超えためぐり逢い」。 | トップページ | 高校球児にウラミはまったくありませんええ。 »

2006年4月 2日 (日)

「交響詩篇エウレカセブン」最終回。

毎話欠かさず観てましたが。
っていうか毎話ほぼ二回ずつじっくりと観てたとおもうんですが。
ワタシのアタマがわるいのか、どうしてもわかりませんでした。

「エウレカセブン」の「セブン」って一体
なんだったんだーッ?

サッカーの回で背番号が「7」でしたけど。それだけ?それだけですか?

あと、そもそもレントンはエウレカのどこがよかったんですか?
顔ですか?顔がかわいければそれでいい(<byノルブ師)んですかっ?
顔さえよければあんなお弔い女にでも命賭けようとおもうんですかッ?
オトコノコはわかりません。

あと、そもそもドミニクはアネモネのどこがよかったんですか?
顔ですか?顔がかわいければ以下同文?
あるいはドミニクさん真性の「M」なんですかッ?
もしそれならそれで、人格まるくなっちゃったアネモネとの今後が大ピンチ。

関西では早くもまもなく深夜に再放送おっぱじめるおつもりらしいです。
もう一周観たら謎が解けますかぁかぁかぁ?(;_;)

|

« 「リュウケンドー」第13話「時を超えためぐり逢い」。 | トップページ | 高校球児にウラミはまったくありませんええ。 »

アニメ・コミック」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/123432/9398769

この記事へのトラックバック一覧です: 「交響詩篇エウレカセブン」最終回。:

« 「リュウケンドー」第13話「時を超えためぐり逢い」。 | トップページ | 高校球児にウラミはまったくありませんええ。 »