« 「リュウケンドー」第20話「不動サン受難の日」。 | トップページ | 「リュウケンドー」第21話「さらば月光の剣士」。 »

2006年5月29日 (月)

「BLOOD+」#33「信じるチカラ」。

番組開始後4分16秒(CM含む)くらいのときに。
フィッシュ&チップスを楽しむルイスのうしろに見えていた、建物壁面に
書かれていた文字が。
英語には珍しく縦書き(普通文字ごと横向くような気がする)。それはまぁいいとして。
書かれていた単語が

COMMUNTY CENTRE

「CENTRE」は「CENTER」のイギリス式つづりです。なかなか凝った表現です。
でもその前に書かれてる「COMMUNTY」って、一体どういう意味ですか?
辞書調べたら「COMMUNITY」という単語しか見つけられなかったんですが。

固有名詞あるいは有名な商標などのパロディでつづりをいじる、という例はよくあります。
んが、この単語って「コミュニティセンター」って書きたかったんですよね?
一般名詞ですよね?
アイはどこに行ったのさアイは。

あんまり長いこと映ってるシーンじゃなかったのに目にひっかかってしまったくらい、
簡単な間違いだとおもうんですが。なんで放置されてたの?
それとも辞書に載ってないなにか別の新しい単語とか専門用語とかだったら
ごめんなさい。
番組本編よりそればっかり気になってしまった三十分足らずでした。

 (蛇足)似たようなはなし。
 話数は忘れましたが「ANGEL HEART」の玉置さんがゲスト出演してた回で。
 喫茶店の看板が映ったとき「喫」の書き文字で横棒が一本多かったので
 笑ってしまったことがあります。公共の電波にのせる前に誰か気づけよぅ。
 あれDVDでもそのまんまなんかなぁ。確認のためだけにレンタルしたい気も(笑)。

|

« 「リュウケンドー」第20話「不動サン受難の日」。 | トップページ | 「リュウケンドー」第21話「さらば月光の剣士」。 »

アニメ・コミック」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/123432/10285273

この記事へのトラックバック一覧です: 「BLOOD+」#33「信じるチカラ」。:

» レビュー・評価:BLOOD+ (ブラッド・プラス)/第33話「信じるチカラ」 [ANIMA-LIGHT:アニメ・マンガ・ライトノベルのレビュー検索エンジン]
品質評価 11 / 萌え評価 11 / 燃え評価 27 / ギャグ評価 17 / シリアス評価 31 / お色気評価 12 / 総合評価 19レビュー数 80 件 ディーヴァの赤い盾本部襲撃後、カイたちはイギリス・ロンドン郊外にあるデヴィッドのかつての戦友が暮らす家に身を寄せていた。あれから1年。時の経過は皆を様々に変化させる。そしてまた、ロンドンの街には翼手の影が蠢き、日常に迫りつつあって…。... [続きを読む]

受信: 2007年9月12日 (水) 17時41分

« 「リュウケンドー」第20話「不動サン受難の日」。 | トップページ | 「リュウケンドー」第21話「さらば月光の剣士」。 »