« 「SMAP×SMAP」7月10日放送分。 | トップページ | 女性向け萌えカフェは全国に普及するのか。 »

2006年7月16日 (日)

スタジオジブリ最新作「ゲド戦記」。

だーいぶ以前に「宮崎監督の次回作は某大作ファンタジー文学作品らしいぞ」
という噂を聞き、「もしかして『ゲド戦記』かしら?」と思っていたのです。
その後「宮崎監督の次回作は『水グモもんもん』。」という公式発表を聞いたので
「あの噂はガセかよぅ」と思っていた、のでした。
宮崎駿監督ならぬご子息の「宮崎監督」が「ゲド戦記」を劇場作品化すると
知ったときには腰が抜けました。だーいどんでんがえーし

昭和の内に原作は読んでいたので。(ファンタジー好きには基本文献なの。)
弟に説明しました。
「三部作だったのよ、ワタシが読んだときには。
あとから第四巻が出てねぇ。サブタイトルが『最後の書』っていうんだけど。
そのあとついこないだ、第五巻が出たの。ワタシ三部作しか読んでねぇ」
……その後『外伝』も出てるらしーです。
「ゲド戦記」全6冊   ゲド戦記(全6冊)
「フォーエバー」の次が「完結編」だった某アニメ映画を思い出しました。
永遠やなかったんかい「う○星やつら」……。

ちなみに今回映像化されているのは第三巻の内容をもとにしたオリジナル
ストーリーだそうで。ゲド役が菅原文太さんだと聞いたときにはびっくり
しましたが、三巻だったらすでにおじぃになっていた気がするのでまぁいーや。
読んだのが二十年近く昔だということもあるでしょうが、内容をほとんど
覚えてねぃです。正直、キャストどうでもいーや。
同時期に読んだ小説でも、もっと昔に読んだ小説でも内容を覚えている作品は
ちゃんと覚えているので、個人的にはその程度の内容だったんだと思います。
第二巻の表紙裏が迷路の図になってて、作品ときちんとリンクしていたこと
しか(三巻の表紙裏は海図だったか)記憶がナイです。

Cipher(第4巻)
ちなみに「CIPHER」(成田美名子)でアニスが「小さい頃に読んだ物語、
若い魔法使いを迷路に閉じこめる……」(コミックス持ってないのでうろ覚え)
とサイファの寝顔を見ながら回想していたのはこの「ゲド戦記」第二巻だったと
思われます。個人的推測ですが。

……もっとおもしろいファンタジー小説とか児童小説とか、なんぼでもあるのになぁ。
と映画化のニュースを耳にするたび、個人的にはおもいます。

|

« 「SMAP×SMAP」7月10日放送分。 | トップページ | 女性向け萌えカフェは全国に普及するのか。 »

アニメ・コミック」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/123432/10961281

この記事へのトラックバック一覧です: スタジオジブリ最新作「ゲド戦記」。 :

» 「ゲド戦記」の心理学 〜「言霊」と「名前」の秘密 [シカゴ発 映画の精神医学]
映画「ゲド戦記」の「名前」に関わる設定を、徹底的に分析しました。「ゲド戦記」をこれから見る人も、「ゲド戦記」を既に見た人も、「ゲド戦記」の世界観が10倍深くなる雑学と薀蓄が詰まった無料レポートです。... [続きを読む]

受信: 2006年8月 6日 (日) 13時39分

« 「SMAP×SMAP」7月10日放送分。 | トップページ | 女性向け萌えカフェは全国に普及するのか。 »