« 黄金のギモン。 | トップページ | 「トリビアの泉」レギュラー最終回スペシャル。 »

2006年9月26日 (火)

「リュウケンドー」第38話「SHOT基地を救え!」。

サブタイトルは「SLY JAMANGA」(悪賢いジャマンガ)。……あのぅ、
一応、いつものことでは。もうちょっと凝りようなかったんかい。
たしかにブラッディの作戦はいつも念が入ってて悪賢い感じがするけどさぁ。

使い魔から魔弾キーを入手したSHOT。しかしそれは、SHOTの魔法メカを
暴走させようというブラッディの周到な罠だった。
SHOT基地内は扉もエレベーターも使用不能。通信機はSOSのみ発信できた
ものの、その後使用不能に。幸か不幸か寄り道しておやつを食べていた
剣ちゃんだけは基地の外。SOSを受けて駆けつけた御厨博士と合流して
事態を知る。

普段からなんぼほどご近所にいてはるんですか御厨博士。
速攻駆けつけています。
以前司令が都市安全保安局に出張、ってな話のときはえらい遠方の
イメージでしたが。どこにあるんだ都市安全保安局。
博士、この非常事態に護衛も付けずにいらした模様。
よっ肝の据わった御方っ!っていうか、そんなに人員いないのかも
しれませんが。予算降りてなさそうだしなぁ。
リュウケンドーは魔法発動機暴走の影響を受けて変身不能。

ビバ!変身不能!<おねーさんは嬉しいですが、おもちゃ会社的に困ります。

ヒトの身のまま、博士の護衛に当たりますが大ピンチ。
絶妙のタイミングで市子さんが銃持って助けにきてくれます。
……なんで来てくれたかな。警察はSHOTと違って魔物反応なんか
わかんないだろうに。市民の通報かなって思ったけど、そんなまちなかじゃ
なかったしなぁ。大体市民の通報だったら、市子さん一人で駆けつけてる
のって、非合理的だよなぁ。普通複数で来るよなぁ。
それに市子さんの発砲。その角度だと流れ弾が御厨博士に
当たるがな(苦笑)。ものすごい度胸。というか冷血非道~。

リュウジンオーは鋼ちゃんがシステムを手がけたので別系統と
いうことでしょうか、まったく影響を受けていないようです。
手助けする気はあんまりなかったようですが、ブラッディには恨みが
あるのでブラッディがらみのこの件に関わってくれます。
剣ちゃんと博士はSHOT基地侵入のため、工事中エリアへ。しかし
博士は発信器をつけられており、場所をつきとめたメカニムーン
たちに襲われてしまいます。どこまで足手まといなんだ博士~。
間一髪、またもリュウジンオーが助けに来てくれます。しかし
強くなっているメカニムーンに苦戦。
放り出されて叫び声を上げる武器。
他人に使われて抗議する武器。操が堅いぞ、魔弾竜のコア。
変身前のままザンリュウジンを振り回す剣二くんはカッコよかったです。

基地内のみんなはそれぞれに事態打開の努力を続けていましたが、
ことごとく実ってませんでした。
不動さん、ゴウリュウガンでなにをしようとしてたのだろう。
扉開けようとしてたの?

リュウジンオーの三位一体攻撃をメカニムーンは回避、そのまま退却
しましたが、あとの壁にでっかい穴が残りました。
「私が破って欲しかったのはこの壁だっ!」……あのぅ、さっきダクトを
つたってどうとかおっしゃってませんでしたかハカセ。
ツッコまない剣ちゃん。きっとそんなこと覚えていなかったに違いない(笑)。
どうやら間に合った博士は瀬戸山さんとともに呪文を詠唱、無事
魔法発動機の暴走は止まったのでした。

万一にそなえて、町民の避難とか、せめてあけぼの署員の避難とか
呼びかけなくてよかったのかなぁとか。(基地内からは通信自体不可
だったんだから、せめて保安局経由で。)
せめてSHOTメンバーに、他人の安全考える言動が欲しかったなぁとか。
今回って結局SHOT内で大騒ぎしてただけなので、個人的には
あんまり盛り上がりませんでした。
やっぱり正義の味方って、地球とか世界とか町民のみなさまとかを、
我が身を犠牲にして守ろうとしてナンボだよな。

|

« 黄金のギモン。 | トップページ | 「トリビアの泉」レギュラー最終回スペシャル。 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

特撮」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/123432/12041916

この記事へのトラックバック一覧です: 「リュウケンドー」第38話「SHOT基地を救え!」。:

» RYUKENDO #38 [MEICHIKUえんため・ぶろぐ]
今回の物語はSHOT基地に危機が迫るということと、爆発まであと少しというスリリングな展開の物語でした。が、「リュウケンドー」の世界では全く緊迫感が伝わってこない。あまりにも落ち着きすぎているのが不自然に感じる。が、「あけぼの町」の人たちの感覚は普通の人と違っ..... [続きを読む]

受信: 2006年9月26日 (火) 12時46分

« 黄金のギモン。 | トップページ | 「トリビアの泉」レギュラー最終回スペシャル。 »