« 「トリビアの泉」レギュラー最終回スペシャル。 | トップページ | 「リュウケンドー」第39話「光の翼が星に舞う」。 »

2006年9月29日 (金)

「ゼーガペイン」最終話「森羅万象(ありとあらゆるもの)」。

ロボット戦闘アニメだったのが、先週からなんだか「幻魔大戦」
みたいになってきてますが。
結局。
最終的には。

めでたしめでたし?

なんかものすごく駆け足で無理矢理大団円にされたような印象が
なきにしもあらず。
ルーシェンもメイイェンもクリスもメイウーもシズノもみんな無事。
なんでハヤセの彼女とかフツーに歩いてるんだ。
失ったものって、失ったまんまだから「かけがえがない」んじゃないの?
先週は独りで実世界に取り残されたキョウの哀しみ、みたいなとこに
持ってくのかと思えば、フツーにゼーガペインで会いに来られてるし。
ちっとも寂しそうでも、不自由そうでもなくてなんだかな。
リザレクションシステムの実用化も、ラストシーンを見る限りでは
そんなに年数はかからなかったよーだし。
いや、不幸を願ってたわけじゃないんだけども。
なんかものすごく、薄い物語になってしまったような気がします。

そもそも、記憶と外見をコピーされて継承しているだけの、サーバー上の
データが、移植元の「ヒト」と同一の存在なのかっていうのがはなはだ
ギモンなんですが。オリジナルって、死んでるよねぇ?
昔「ルパン対クローン」見たときに思ったけど、記憶も同一だからって、
それは同一個体ということにはならないよね?
リザレクションされた「実体」は果たして「同一個人」なのだろーか。
いやそれ言い出すとこの物語の根本が否定されてしまうのだが。
記憶のないシズノがリザレクションされたとき、それは「シズノ」なの
だろーかと思ったり。

ハヤセの彼女が復活できるんなら、クリスの女房もいないとおかしい
だろう。いや映ってなかっただけで復活してるのか?
なんか形見みたいに犬が映ってたけども。わからん。
それに、シズノが存在し続けてるんだったら、シマ司令(生徒会長)も
いないとおかしいんじゃないの?
現在、シズノの実体化に熱心な態度を見せているルーシェン。
アンタ、世界はやっぱりキョウ中心なのね?
シズノを実体化させたらキョウがよろこぶから、と思ってるわね?

「シズノが人間になったら三角関係勃発よ」(メイウー)
いや三角関係どころかメイウーちゃんメイイェンちゃんも巻き込んで
六角関係くらいになると思いますが。思考の外にわざと置き去ってないか
自分たちの一番強力なライバルの存在お。

「それもいいさ」(ルーシェン)
もしかしたら、リョーコとキョウをすんなりくっつけてたまるかッ!と
ばかりに、一生懸命シズノを実体化させようとしているんじゃないか
と思ったり。三角関係上等!なのか?そうなのか?
おそるべしルーシェン。<決めつけ。

でも最終勝利者はリョーコだったようです(爆)。

|

« 「トリビアの泉」レギュラー最終回スペシャル。 | トップページ | 「リュウケンドー」第39話「光の翼が星に舞う」。 »

アニメ・コミック」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/123432/12087345

この記事へのトラックバック一覧です: 「ゼーガペイン」最終話「森羅万象(ありとあらゆるもの)」。:

« 「トリビアの泉」レギュラー最終回スペシャル。 | トップページ | 「リュウケンドー」第39話「光の翼が星に舞う」。 »