« 天保異聞 妖奇士「説二十一 星夜に果つ」。 | トップページ | そういや制作局って。 »

2007年3月 5日 (月)

ひだまりスケッチ「8月21日 ニッポンの夏」。

「沙英ったらね、最初浴衣を男前に着てたのよ」
「男前……」
「その『男前』じゃないっ」

……ギャグシーンなんですが、どこらへんが笑いを誘っているのか
ワタシにはわかりませんでした。
このセリフにある「男前」が前身ごろのあわせかたのことならば。
洋服は男性右前、女性左前の区別がありますが、和服の場合
男女共通で右前。左前は死に装束として嫌われます。
和服に男女の区別はないのでこの言い回しは存在しえませんし、
そもそも和服は右前(洋装で考えれば男性用のあわせ)です。
http://www.fiberbit.net/user/eyeland/yofuku/uchiawase.htm

他に「男前に着る」という言い回しが存在するのかといろいろと
調べましたが、従来の意味(男らしい顔つきや態度。男振りのよいこと。
大辞林より)として使われている例しか見つけられませんでした。

誰かこのギャグのポイントを教えてくださいー。
笑うとこわかんないと気になる関西人(苦笑)。

|

« 天保異聞 妖奇士「説二十一 星夜に果つ」。 | トップページ | そういや制作局って。 »

アニメ・コミック」カテゴリの記事

日本語」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/123432/14141159

この記事へのトラックバック一覧です: ひだまりスケッチ「8月21日 ニッポンの夏」。:

« 天保異聞 妖奇士「説二十一 星夜に果つ」。 | トップページ | そういや制作局って。 »