« 烈火様第34回御生誕記念日。 | トップページ | 「お好きな料理を言って頂ければ」 »

2007年8月16日 (木)

ロミオ×ジュリエット第18幕「志~それぞれの胸に~」。

お葬式のシーンで。

「敬愛なる、我が親族であり友であるタイタス・ド・マルケージ……」

ってセリフに違和感。

「敬愛なる」って言うか?
親愛なる、なら聞くけど。敬愛する、もわかるけど。
専門家じゃないのでなにがどうおかしいのか説明できないのが
もどかしいのですが。日本語の会話では普通使わないよぅ
そういう言い回し。

ちなみにグーグルで検索してみたら(検索結果の数の大小が
すなわち正誤の根拠にならないことは重々承知していますが)

敬愛する……約635,000件

敬愛なる……約106,000件
うち「敬愛なるベートーヴェン」(注:映画タイトル)……約85,100件
「敬愛なる 敬愛する」で検索すると、この邦題に対して苦言を呈する
記事がたくさん読めます(苦笑)。

しかしたびたび「ロミ×ジュリ」脚本家の日本語力って……どうなん?
ネオ・ヴェローナ語ってことなのかしら?むーん。

|

« 烈火様第34回御生誕記念日。 | トップページ | 「お好きな料理を言って頂ければ」 »

アニメ・コミック」カテゴリの記事

日本語」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/123432/16129958

この記事へのトラックバック一覧です: ロミオ×ジュリエット第18幕「志~それぞれの胸に~」。:

« 烈火様第34回御生誕記念日。 | トップページ | 「お好きな料理を言って頂ければ」 »