« 「ハヤテのごとく!」第23話「ちびっ子ではない天才先生来たる」。 | トップページ | 予告(BlogPet) »

2007年9月 4日 (火)

「ぼくらの」第20話「宿命」。

コエムシのセリフで

「お前はおまめでいいんだよ!」(うろおぼえ。すみません)

というのがありました。

文脈からして、うちの地元で言う「ごまめ」に相当するかと思われます。
ちなみに「ごまめ」は
子供の集団において、小さいから、あるいは弱いから、という理由で
特別扱いをうける存在のことです。いろんな年齢の子たちで遊んでいる
場合、一番歳の小さい子は鬼ごっこでつかまっても鬼になるのを
免除されたりしました。

母(福岡出身)に尋ねると、自分たちは「あぶらむし」と言っていたそうです。
ただし眉をしかめながら言っていたので、ネガティブな意味が含まれる語
のようです。共通語の「みそっかす」に近いのかな?
「ごまめ」にはネガティブな意味は含まれません。単純に特別扱い。ハンデ。

参考:
http://we.freeml.com/chousa/umeboshi.html
http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1312352573

……いろんな歳の子が混じって遊ぶときに必然的に生まれた
ルールだから、最近の子は言わないかもしれません。
若い世代はコエムシのセリフの意味、わかんなかったかもしんない。
あ、地方が違ってもわかりにくいか(苦笑)。

|

« 「ハヤテのごとく!」第23話「ちびっ子ではない天才先生来たる」。 | トップページ | 予告(BlogPet) »

アニメ・コミック」カテゴリの記事

日本語」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/123432/16335759

この記事へのトラックバック一覧です: 「ぼくらの」第20話「宿命」。:

» だからゲームに走るんだょ [ワールドニュースサーチライト]
男の子にとっては「アイツは脚が速い」とか、こうい… [続きを読む]

受信: 2007年9月 4日 (火) 09時52分

» レビュー・評価:ぼくらの/第20話「宿命」 [ANIMA-LIGHT:アニメ・マンガ・ライトノベルのレビュー検索エンジン]
品質評価 16 / 萌え評価 25 / 燃え評価 0 / ギャグ評価 0 / シリアス評価 33 / お色気評価 8 / 総合評価 15レビュー数 24 件 アンコの死ぬ瞬間に、カンジは宇宙の支配者のようなイメージを垣間見ていた。しかし、ハッキングチップにはその姿が記録されておらず、強力な干渉により削除されたのではないかと、母である吉川教授は言う。“敵”の強大さに絶望するカンジだったが、そこに、これまで沈黙を貫いていたマチが現れ、知り得るすべてを話し出す――。マチは語るの... [続きを読む]

受信: 2007年9月 4日 (火) 23時16分

« 「ハヤテのごとく!」第23話「ちびっ子ではない天才先生来たる」。 | トップページ | 予告(BlogPet) »