« うり(BlogPet) | トップページ | の印象が復帰したかも(BlogPet) »

2008年1月27日 (日)

「仮面ライダーキバ」第1話「運命・ウェイクアップ!」。

「今年のメインライターは○○さんらしいよ」
そんな情報を事前に聞いた時点である程度の覚悟 予想が
ついていた新ライダー。
第1話を観た感想は、まったく「期待通り」でした。

OPでるなしーの声がするだわ。なに言ってるかサッパリ聴き取れないけど。
作詞家またこの名前か。んじゃ聴き取れなくても無問題。
ザンキさんのカオが見えたわ。そのうち出てくるのね。
武器からキョンの声がするだわ。おもちゃも銀さんの声でしゃべるのね。
去年、声優さんであたったから二匹目のドジョウってことかしら。
でも杉田さんあんまり巧くな(以下自主規制)。

初回の怪人はお約束通りクモなのね。
ボンデージで葬式に来た超個性的精神構造のおねえさん、そこらへんで
苦しんでいる被害者のかたがたには脇目もふらずにバケモノに
切り込んでいきます。
他人を救おう守ろうという意思は微塵もないのが強く伝わってきます。
行動原理はやはり例によって個人的恨みつらみでしょうか。

アレルギーは春先のスギヒノキしか存在しないと思いこんでいるご近所の
町民。ものすごく限定された世界観で大人になるまで生きてこられたようです。
ヒトを面と向かって「お化け太郎」呼ばわりする神経にも納得です。
命の危険があると警告しているその本人が当該アレルギー患者の
マスク取り上げるかなフツー。殺意があったのかしら。

いくら必要だからって、まだ着席している赤の他人の食べ残しを目の前で
回収しようとは、なかなか常人離れした神経の持ち主です主人公。
芸術家肌なのかもしれません。
アレルギーだと言い張るヒトの眼鏡とマスクを取り上げる女性のほうも
見上げた度胸です。アナフィラキシー起こすと死ぬよ?

1986年当時に「バブル景気」という言葉は存在しない、少なくとも
一般に浸透してはいないはずですが。
一般に浸透したのはバブルが「はじけた」あとだったと記憶して
いますが。予言者なのかもしんないこの男性。
ワルモノ似合うなぁクワガライジャー。

怪人倒すといきなり夜になってビルヂングの真ん中が洋館ドラゴンになって
飛んできて怪人をぷちっとお召し上がりになりました。
……文脈がサッパリわからんかった。ムリヤリ玩具出すためか?(<禁句。)

結局30分間観て、一番強く印象に残ったのはスネ毛のアップ映像でした。
それもどうよワタシ(爆)。

総括。
「仮面ライダーじゃなくてもええやん。」 <毎年言ってる気が。
「○○記念作品」にロクなのはねぇ、と誰かが言っていたのを思い出しました。

|

« うり(BlogPet) | トップページ | の印象が復帰したかも(BlogPet) »

特撮」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/123432/17867955

この記事へのトラックバック一覧です: 「仮面ライダーキバ」第1話「運命・ウェイクアップ!」。:

« うり(BlogPet) | トップページ | の印象が復帰したかも(BlogPet) »