« きょうもうり(BlogPet) | トップページ | の原宿が放送された(BlogPet) »

2008年3月31日 (月)

「とことん!石ノ森章太郎」全部観た。

先週7夜連続で放送された「とことん!石ノ森章太郎」
気がつけば7日間かぶりつきで観ていました。オンタイムで。
NHKだからCMなくってさ。トイレがたいへんだったよ……。

ワタシ的最大のツボ。
  ピーの嵐。
いやピー音こそありませんでしたが。そこだけ唐突に無音になります。
会話が不自然にとぎれます。「佐武と市捕物控」なんかそもそも
設定からして放送禁止用語の嵐だし。60年代、70年代作品はまだしも
83年作品である「幻魔大戦」の中にすらピーッ。てかプツッ。
……おおらかな時代だったんだねぇ。 <ちょっと違う。
87年作品である「仮面ライダーBLACK」では、オリジナルにあった筈の
激しい光の明滅シーンで光度が抑えられていました。
あれだよね、「パカパカ」に反応して作動するベルトおもちゃが
発売されてたんだよねたしか。
当時は「ポケモンショック」が起こるかなり前だからねぇ。
おおらかな時代だったんだねぇLong long ago 20th centuryだよ。 <違う。

「セリフは当時のままなので一部不適切な表現があります」って
断り入れて放送するとかさ。
逆に「現代にそぐわない表現を一部カットして放送します」とかさ。
「健康への影響に配慮して映像を一部加工しております」とかさ。
なにか注釈がほしかったなぁと思いながら観ていました。
たとえば何もわからない子供が観てたなら、ただの放送事故だよ、
あの会話の分断は。
いや、入るセリフを推理しながら観てるぶんには違う愉しみが
あったりしたけれども。 <悪趣味。

まるごと放送されていた作品群そのものは、いまどきCSなりDVDなりで
観れば済むわけで。(「クウガ」はDVD持ってる、ワタシ……)
この番組の醍醐味はゲストの盛り上がりっぷりのほうでした。
ヲタ系の番組で宮崎の哲っちゃん見るとは思わなかったよ。しかも
すんげー楽しそうだったよ。解説とかいっさい抜きで「子門さんが」とか
会話してたよ。
島本和彦も解説者っていうよりただのファンだったよ。エキサイトしてる
本人見てるのもそれ見て楽しそうにしてる他の出演者見てるのも
面白かったよーぅ。
21世紀版「009」もちゃんと番組中に放送できてたらよかったのに。出演者の
感想がぜひ聞きたかった。
司会のNHKアナウンサーも7日間ずっとシアワセそうでした。間違いなく
「わかっている」人が好きでしてる仕事だろうと伝わってきました。
日替わりアシスタントの女性タレントの面々もけっこう選ばれた方々だとは
思うのですが「誰がために」を読み間違えるかたはどうかと思いました。
そこだけは、その歌タイトルだけはちゃんと読めなきゃいけないんだよぅ。

まちがいといえば。
国会中継特番のためその翌日に振り替え放送されていた21世紀版「009」。
表示されたサブタイトルリストで
 「さよなら、ドルフィン」
となるべきところが
 「さよなら、ドルフィン号」
と間違って表示されていました。
……あのリスト作った人、絶対に「009」を好きな人だと思う。
「009」どうでもいい人が仕事でリスト作ったなら「ドルフィン号」なんて
間違いはできないもの。くす。こっちのまちがいは勝手に好き認定。

|

« きょうもうり(BlogPet) | トップページ | の原宿が放送された(BlogPet) »

アニメ・コミック」カテゴリの記事

映画・テレビ」カテゴリの記事

特撮」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/123432/40698118

この記事へのトラックバック一覧です: 「とことん!石ノ森章太郎」全部観た。:

« きょうもうり(BlogPet) | トップページ | の原宿が放送された(BlogPet) »