« アニソンのど自慢だそうだ。 | トップページ | とりあえず萌え絵描いとけ。 »

2009年3月30日 (月)

「侍戦隊シンケンジャー」第七幕「舵木一本釣」。

ひさしぶりにおもしろかったっ!

第二幕以降は正直、予想のつく展開で。
腹が立つとまでは言いませんが、なーんとなくだらだらと
観てました。まったく意表をつかれないんだもん。
「おもしろさ」っていうのは意表をつかれるってことだと
個人的には思うのです。
しかし今週の話ったら。

流ノ介メインの物語、と見せかけて実は黒子さんの物語。

「知り合いが先代の殿の家臣」って、もしかしてこの人
元サムライなのか?それともそのゆかりの人なのかっ?
手伝う時にモヂカラを使うわけでもないので、サムライじゃ
なかったんだろうか?OPテロップの苗字もシンケンジャーの
五家とは違うみたいだし。このひとは一体?
と考えていたら、ラストでジイとの会話。そして黒子装束。

黒子さんたちだって当然、ひとりひとり思いのある個人なわけで。
強い志があったり、同僚や上司が戦いで死ぬと悲しかったり
するわけで。無力感にさいなまれたりくじけたりすることもあって。
ジイ(と、もしかしたら殿様も)はその一人一人の名前と顔を
もしかしたら覚えているのかもしれないと思い至らせてくれました。
ただの「その他大勢」じゃないんだよね。黒子さんたちもね。

……けっして「毒でやられて苦しんでる殿」がうれしかった
わけではないですねんのため。 <そっちか。
毒ガスの場合、盾になって市民を守ろうとしたからって
効果ないと思うんだけどな。そんな殿が好きだ。

|

« アニソンのど自慢だそうだ。 | トップページ | とりあえず萌え絵描いとけ。 »

特撮」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/123432/44513031

この記事へのトラックバック一覧です: 「侍戦隊シンケンジャー」第七幕「舵木一本釣」。:

» 侍戦隊 シンケンジャー 7話 [好きなもの]
よろよろな殿・・・・萌え~!(*^^*)あ、ひさしぶり(笑) 謎の漁師さんに、親 [続きを読む]

受信: 2009年3月30日 (月) 23時15分

« アニソンのど自慢だそうだ。 | トップページ | とりあえず萌え絵描いとけ。 »