« 毛髪萌え出づる北海道。 | トップページ | アメリカ人向け腐女子ツアー。 »

2009年4月 4日 (土)

飛しょう体。

「飛翔」の「翔」という字が常用漢字じゃなかったことを
今回初めて知りました。
ニュースの字幕で「飛しょう体」と交ぜ書きの局や
「飛翔(しょう)体」と振りがな付きの局があったのです。

ニュースの字幕で基本的に交ぜ書きをする某テレビ局が今回
「飛翔(しょう)体」
と振りがな付きで表記していたことを意外に感じました。

このテレビ局、以前外国の選挙結果を報じるときに
「きん差」
などという字幕を出してくださっていたのです。
……「僅差」か、と理解するまでちょっと時間を要しました。
てかこの交ぜ書きは誰のための配慮なのかしらと。
ニュースってわかりやすく報じることが使命でないのかと。
「僅差」を見てわからないひとは「きん差」って書かれても
まずわからないと思うんだ。

でも同じ局が今回は振りがな付き表記。線引きは一体どこ?

文字通り飛んでくるシロモノなので「飛しょう体」と混ぜて
書かれるよりは「飛翔体」と表意文字で表記してくれた方が
見るほうはわかりやすいのですが。
いつもはわかりやすさ度外視してくれてるしなぁこのテレビ局(苦笑)。
政府の通知?における表記が「飛翔体」だったせいかしら。謎。

参考:NHK放送文化研究所 ことばQ&A(02.02.01)

|

« 毛髪萌え出づる北海道。 | トップページ | アメリカ人向け腐女子ツアー。 »

ニュース」カテゴリの記事

日本語」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/123432/44564614

この記事へのトラックバック一覧です: 飛しょう体。:

« 毛髪萌え出づる北海道。 | トップページ | アメリカ人向け腐女子ツアー。 »