« 「SPACE BATTLESHIP YAMATO」×ファミリーマート。 | トップページ | ロシアでは1月7日らしい。 »

2010年11月22日 (月)

執事トレインて。

メイド列車の次は「執事トレイン」でGO! “お嬢様”向け小旅行発売
(2010年11月22日 14時8分 ITmedia News)

ほらワタシが言ったとおりになったでしょうっ? <マテ。
てかこのツアーとおんなじ旅行会社だよ……。
ようやく女性市場に目を向けたか。小旅行にしては女性向けとは思えない
価格設定ですが。はてさて。

この記事で気になったのは執事喫茶「Swallowtail」との共同企画だ、
ということでした。内容も同店の執事を前面に押し出しているご様子。

……執事喫茶って、ほかにないんか?

そもそもSwallowtail開店は2006年3月。5年近く前です。
ちまたに大量にあふれるメイドカフェをはじめ、メイドリフレクソロジー、
メイド美容室、メイド家事サービス(?)といった、多様に進化を遂げた
メイドビジネスを鑑みるに、執事ビジネスももうちょっと発展していても
いいんじゃないかと考えがちですが。
執事「喫茶」という業態に限ってさえ、それほど店舗が増えた様子は
ありません。
てか京橋(大阪)にあったやつってあっさりつぶれたみたいやし。
オタク文化はネットと親和性が高いので、こういったオタク向け店舗は
まず公式サイトを持っていると思われますが、検索かけてみてヒットしたのは
スワロ以外ではこの外国人執事喫茶くらいでした。
やはり思ったほどには普及していないようです。

執事に限らず、武将カフェや浪士カフェや軍服カフェやパーサーカフェ
などなどがあってもいいと思うのですが。
女性向け萌えカフェが広がる様子は全く見受けられません。
男装カフェだけはちらほら存在しているようですが。
ギムナジウムカフェは閉店したようですし。
メガネスーツカフェはまだやってるんですね。儲かってるのかしら。

女性の財布の紐が堅く、メイドカフェほどには儲からないのでしょうか。
手がけようという事業主が、メイドカフェほどには出てこないのでしょうか。
客の要求するスタッフの質を保つことが、メイドカフェに比べて困難である、
ということでしょうか。
メイドさんとちがって、「女性の萌え対象として働きたい!」という男性は
あまりいないということでしょうか。
ネオロマ商法やテニミュ商法を見ても、女性客は一度つかめば
ずーっと長くついてきてくれてどんどん関連商品を買ってくれるので、
悪くない商売になると思われるのですが。

大阪に女性向け萌えカフェはできないのでしょうか。しくしくしく。 <行きたいんか。

|

« 「SPACE BATTLESHIP YAMATO」×ファミリーマート。 | トップページ | ロシアでは1月7日らしい。 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/123432/50101875

この記事へのトラックバック一覧です: 執事トレインて。:

« 「SPACE BATTLESHIP YAMATO」×ファミリーマート。 | トップページ | ロシアでは1月7日らしい。 »