« 「海賊戦隊ゴーカイジャー」第1話「宇宙海賊現る」。 | トップページ | オタク女子向け抱き枕の現状。 »

2011年2月16日 (水)

「仮面ライダーOOO」第22話「チョコと信念と正義の力」。

悪の組織と同じ力(暴力)で正義を行おうとする矛盾。
「仮面ライダー」という存在の根幹に関わるテーマです。
今回のヤミーがバッタ型なのは間違いなくわざとです。
おおぅ今回やる気だな!どういう結論に導くのかな!
このままいくと「ウルトラスーパーデラックスマン」みたいだよなっ!
などと前編観て、わくわく後編を楽しみにしていました。

今週が、いままで観た「オーズ」の中で一番おもしろかったっ!

悪者を懲らしめたい、という「欲望」から生まれたヤミーが大暴れ。
親子そろってヤミーをかばう姿にオーズは戸惑います。
正義のためにバッタ怪人の暴力を駆使しようとする神林さん。
お父さんを全面的に信じて全力で応援する隆くん。
グリードから見た正義は、と疑問を呈する真木先生。
目的は一億円、使い道はナイショ、というブレない伊達さん。
正義について悩み、周りのご意見も真面目に聞き続ける後藤さん。
行き過ぎた正義は残酷な結果を導くこともある、と(経験上からか)
断言する映司くん。

伊達さんどんだけ後藤さんのこと好きなんだ(苦笑)。かわいがり
すぎだじょ。わざわざ武器もう一丁ぶんどってきてあげるとか、
練習に付き合ってあげるとか。もうアニキと呼ばせてください(爆)。
アンクは映司のこと気にしすぎです。「いまオレのこと見たろうッ!」
って、グリードが人間からの些細な評判気にしてどーする。
チョコレート自慢されたときもなんか誇らしげにやり返してたし。
バレンタインチョコアイスもらったのがうれしかったんかアンク。
それとも映司をやりこめられたのがうれしかったのかアンク。

「(隆くんは)後藤さんが一緒だから大丈夫」と断言する映司くん。
信用されてるなぁ、後藤さん。
世界を守りたい、けど力がまだ足りない。でもがんばり続ける。
子供にもわかる言葉で隆くんにそう語りかける後藤さん。
真面目でステキです。
けっきょく神林さんは、手の届く範囲で、周りの幸せのために
全力を尽くそうと決心しました。弁護士を目指すそうです。
最初は検事志望だったのかもな、性格的にそんな感じ。

「司法試験」というものに関する説明が全くないのはお子さまに
対して不親切のような気がしましたが。まぁ誰かに訊けば済むしな。
お子さま置いてけぼり、というよりは、子供に対しても
大人に対しても真面目に対峙してくれた話だったと思います。
正義を振りかざすことを礼賛するでもなく。一方的に害悪と
決めつけるでもなく。

|

« 「海賊戦隊ゴーカイジャー」第1話「宇宙海賊現る」。 | トップページ | オタク女子向け抱き枕の現状。 »

特撮」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/123432/50891772

この記事へのトラックバック一覧です: 「仮面ライダーOOO」第22話「チョコと信念と正義の力」。:

« 「海賊戦隊ゴーカイジャー」第1話「宇宙海賊現る」。 | トップページ | オタク女子向け抱き枕の現状。 »