« パンダがなんだ。 | トップページ | 名称が定まっていくさまを眺めて考えた。 »

2011年2月28日 (月)

「仮面ライダーOOO」第24話「思い出と恋と海のコンボ」。

あのライダーキックすげー(笑)。
お子さまがマネしたくても、人類である限り絶対に不可能~。

伊達さんがヤミーの魔力にびくともしなかった理由を考えて、
一瞬どきどきしたのワタシだけですか。 <マテ。
相変わらず後藤さんのこと買ってるし。ドクターのこともかまってるしっ。
やっぱりそうだったのかとっ。 <マテマテマテ。
あの説明が成り立つなら、映司くんがコロリと虜にされてしまった
ことがおかしかないかと。映司くんが女の外見だけに幻惑されて
しまうような人格とも思いたくないのですが。
毒気だったら伊達さんに効いてもよかったような気が。会見場の
女性記者までがウットリしてたのに。
まぁ催眠術なら条件によって効く効かないがあるらしいから、
そういうものだと解釈するしかないのか。むぅ。

お姉さんが不美人である、という描写がメガネに汚れた白衣、という
ステレオタイプ。
恋に落ちた映司くんの描写がハートの目だったり花占いだったりと
これまたわっかりやすいステレオタイプ。いまどき恥ずかしくなる
くらいのベタなデフォルメです。
お子さまがたに親切設計、の話ともとれますがそれだとラストの
伊達さんがお姉さんを振るくだりがあまりにもオトナの会話すぎや
しませんでしたか。びっくりだ。
あれで「告白寸前の女を“昔の思い出に酔った気の迷いだよそれは”と
振り、後藤さんには“いま銭儲けで手一杯だから恋愛どころじゃない”と
説明した」って理解できるお子さまがいたら怖いと思われ(苦笑)。
なんかすげぇアンバランスな話だった……。

|

« パンダがなんだ。 | トップページ | 名称が定まっていくさまを眺めて考えた。 »

特撮」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/123432/50998427

この記事へのトラックバック一覧です: 「仮面ライダーOOO」第24話「思い出と恋と海のコンボ」。:

« パンダがなんだ。 | トップページ | 名称が定まっていくさまを眺めて考えた。 »