« SMAP×SMAP「名曲歌謡祭アニメソングスペシャル」 を観た。 | トップページ | アーマープラス 水滸のシン。 »

2011年12月 5日 (月)

「南極大陸」第八話「栄光なき勇者達」。

樺太犬が次々と死ぬシーンでですね。

 「○○ ○歳 死去」

って表示されるのにものすごく違和感をおぼえたのワタシだけですか。

イヌが死ぬときに「死去」って言うかフツー。
でも「死亡」だと「亡くなる」って字が入るからこれも違うのか。
「亡くなる」は敬語なので、もともとは祖父以上の相手にしか
使わなかったとどこかで小耳にはさんだことがあります。
(「父が死にました」「祖父が亡くなりました」と使い分けてた例文だった。)
ニュースでも「国内最高齢のゾウが死にました」のように言いますが
「ソウが死亡しました」とか「ゾウが亡くなりました」とは言いません。
倉持さんも「亡くなりました」って言ってたけどそれ動物に敬語だよぅ。
昭和30年代にそんな誤用あったんかいな。
動物とはいえ大事な仲間だったから、とか、他人様の犬だからその飼い主に
対する敬意で、という受け取り方もできますが。

 死亡……人が死ぬこと。死没。

 死去……人が死ぬこと。死亡。

 死没……人が死ぬこと。死亡。

 亡くなる……人が死ぬことを婉曲にいう語。

以上、すべて「広辞苑」より引用。ぜんぶ「人が」って入ってるだわ。
手許の電子辞書に入っていた「類語新辞典」には

(注)「死亡」「死去」「逝去」「薨去」「崩御」の順に敬意が高まっている。

という一文が添えてありました。……「死亡」より上やん「死去」。
ドーブツにえさを「あげる」と言ってはばからない今日この頃なので
イヌが「死去」もアリなのかもしれませんが、やっぱり気持ち悪いよぅ。

しかし代わりになんて書けばいいんだ。「絶命」かしら。
いっそ「死す」なんて表記にしといてくれたらむしろカッコよかったのに。
そんなこんなが気になるあまり例によってストーリーに集中なんて
できなかったのでした。むぅ。
多分来週も次々と死ぬので次々と表示にひっかかり続けるのだわ(苦笑)。

参考。
「死亡」「死去」「死没」は、普通、人間だけに用いられる。
しぬ【死ぬ】(goo類語辞書)より。

|

« SMAP×SMAP「名曲歌謡祭アニメソングスペシャル」 を観た。 | トップページ | アーマープラス 水滸のシン。 »

日本語」カテゴリの記事

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/123432/53408583

この記事へのトラックバック一覧です: 「南極大陸」第八話「栄光なき勇者達」。:

« SMAP×SMAP「名曲歌謡祭アニメソングスペシャル」 を観た。 | トップページ | アーマープラス 水滸のシン。 »