« SRS2012@大阪行ってきた。 | トップページ | 天皇陛下訪英のニュースを見ながら考えた。 »

2012年5月 9日 (水)

ロボット掃除機、進化の予感。

シャープがしゃべるロボット掃除機を発売するそーです。

シャープ、関西弁ほか4言語を話せるロボット掃除機「COCOROBO」
(マイナビニュース 5月8日(火)11時10分配信)

 ……掃除機が、しゃべる必要、なくね?

以前、ロボット掃除機を特集した番組で、自分でカバーを作成して
楽しんでいる女性を見ました。デコる方々もいらっしゃるそうです。
とっさに連想したのは「痛ルンバとかないのかしら」ということでした。
ネット上で痛冷蔵庫と痛タンスと痛ネイルは見たことがあるのですが、
痛ルンバはそのときは探してもみつかりませんでした。
ロボット掃除機を利用する男子があまりいないということでしょうか。
それともヲタクの部屋は本とかゲームとかフィギュアの山がひしめいていて、
そもそもロボット掃除機が動けるスペースなんてあれへんということでしょうか。
流行らないかなぁ、痛ルンバ。と思っていましたが。

 しゃべるとなると可能性はいっきに広がります(マテ)。

以前「ツンデレワンセグテレビ」なるものが存在したのを覚えて
いらっしゃるでしょうか。
ツンデレ口調で操作方法をアナウンスしてくれるテレビでした。
使い込むと親密度が上がるとかなんとか。なんて無駄なエネルギー(笑)。
バリエーション豊かにならないかしらとか女性向けが出ないかしら
期待しましたがその後発展したご様子はありません(苦笑)。

ニュース番組をいくつか見ましたが、今回のココロボさんは「調子はどう?」
と訊くと「絶好調!」と答えるなど、およそ不必要と思われる機能満載(笑)。
スマホでカメラ画像見られるとか遠隔操作できるとか、無駄にハイテクすぎます。
逆に言うとヲタクと親和性が非常に高そうです。掃除機のくせに(苦笑)。
いっそこのままツンデレボイス搭載とか女性向けに執事ボイス搭載とか
着せ替えカバーとか痛ステッカーとかばんばん売り出して、低迷する
国内家電市場に新しい風を吹かせまくっていただきたいものです。

ビッグビジネスの予感がしませんかっ?! <しません。

|

« SRS2012@大阪行ってきた。 | トップページ | 天皇陛下訪英のニュースを見ながら考えた。 »

ビッグビジネスの予感」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/123432/54666803

この記事へのトラックバック一覧です: ロボット掃除機、進化の予感。:

« SRS2012@大阪行ってきた。 | トップページ | 天皇陛下訪英のニュースを見ながら考えた。 »