« 「特命戦隊ゴーバスターズ」Mission22「美しきアバター エスケイプ」。 | トップページ | しゃべる体組成計が出るそうだ。 »

2012年7月27日 (金)

アニメ「超訳百人一首 うた恋い。」第4話「康秀と業平 文屋康秀」。

文屋康秀が何度も何度も小野小町のことを心の中で

 みかどのちょうひ

と言ってたんですが。「ちょうひ」てなんですか。
もしかして「寵姫」(ちょうき)の読み間違いと違うかなぁと
思いながら見ていたんですが。

 寵姫(ちょうき) 気に入りの侍女。愛妾(あいしょう)。
 (「広辞苑」より)

ちなみに手許の「広辞苑」には「ちょうひ」という項目には
「張飛」(三国の蜀漢の武将)しかありません。

しかしアニメ公式サイトのあらすじには

 帝の寵妃である小野小町

という文字が。これなら「ちょうひ」と読めそうです。
「広辞苑」にも載ってないし、手許のATOKでは変換もできませんが。
手許の「漢字源」にもありませんでした。
アニメ公式サイトの「用語集」には堂々と

 寵妃(ちょうひ) 君主から特に愛された夫人、妃のこと。

という記載が。……信用していいのかここの監修者。(<あっ。)
ネット辞書をざっと探すとひとつだけ見つかりました。

寵妃
読み方:ちょうひ
君主などから特別に寵を受けた夫人。
殷の妲己などが歴史上良く知られる。
(実用日本語表現辞典) 

……典拠にかなり不安が残ります。他に収録辞書が見あたらないのも
不安です。新しい言葉なのかも知れません。どちらにせよそれほど
一般的な言葉ではなさそうです。
基本的に耳からしか言葉が伝わってこないアニメで、視聴者が
一般的に漢字変換しにくいような語を用いるのはいかがなものかと。
てかこんなアニメ(と原作漫画)見るような層は入門者が主だろうから、
使う言葉にはよくよく注意しないと学生さんとかが深くひっかからずに
そのまま鵜呑みにして覚えちゃうぞー。

|

« 「特命戦隊ゴーバスターズ」Mission22「美しきアバター エスケイプ」。 | トップページ | しゃべる体組成計が出るそうだ。 »

アニメ・コミック」カテゴリの記事

日本語」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/123432/55293236

この記事へのトラックバック一覧です: アニメ「超訳百人一首 うた恋い。」第4話「康秀と業平 文屋康秀」。:

« 「特命戦隊ゴーバスターズ」Mission22「美しきアバター エスケイプ」。 | トップページ | しゃべる体組成計が出るそうだ。 »