« 2013年1月 | トップページ | 2013年3月 »

2013年2月19日 (火)

「ささみさん@がんばらない」第6話「迷惑かけてるのは親だけ」。

アバンの独白で

「それを最後にフィラメントが切れたのか街灯は消え」

という部分にものすごくひっかかったのワタシだけですか。

直前に「蛍光灯」という単語もしっかり出てきますし、映像の街灯も
蛍光灯です。
蛍光灯ってフィラメントあったっけ?
蛍光灯って白熱電球みたいに、フィラメントが切れるから寿命がくるの?
あれってなんか中で放電してて、それでぼーっと発光してるんじゃ
なかったっけ? <文系。

調べました。んが。
蛍光灯の構造がそもそも複雑なのか。蛍光灯の構造を説明して
くれようなんていう方々のアタマの中が複雑なのか。
解説文サイトを何カ所か見渡しましたが、ワタシのアタマではとうとう
理解には至りませんでした(泣)。

結論から言うと、蛍光灯にもフィラメントはあるようです。
うぉう、初めて知った……。
両端のフィラメント間で真空放電して、発生した紫外線が蛍光物質に当たって
発光する、そうです。
電子放出性物質の消耗により寿命を迎える、ようです。
要するに「蛍光灯のフィラメントが切れたから寿命」というケースは
一般的ではないようです。

まぁささみさんが蛍光灯の寿命に厳密に詳しかったりしたら
かえって不自然だから、これでいいんだけどな別に(爆)。

(参考。)
雑学の間・蛍光灯の知識

蛍光灯が「切れる」とは、具体的に何が起こっているのでしょうか。
(Yahoo!知恵袋)

※この記事、いちど全部書き終わったあと投稿操作したらエラーが出て
全文消えました(泣)。すわ「改変」かっ。
いちから書き直し。参考ページも探し直し。くわばらくわばら……。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2013年1月 | トップページ | 2013年3月 »