« 2013年4月 | トップページ | 2013年10月 »

2013年9月21日 (土)

「<物語>シリーズ セカンドシーズン」総集篇II。

MY MOTHER」 と 「MY FATHER」 の

つづりがなおってたっ!

……参照。
TVアニメ「化物語」第伍話「まよいマイマイ」其の參。
(2009年8月 2日 (日)のうちの記事。)

いま過去記事で日付を確認し、四年間もしつこく覚えていて
今回無意識にそのシーンを確認してしまった自分に驚愕。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年9月16日 (月)

「ファンタジスタドール」第10話「ぽかーんとポーカー 委員会の挑戦?」。

ポーカーの役だけでなく、ブラフのテクニックまで解説するなど
一見くわしい内容だったんですが。

ダイヤの4がなぜか2枚も3枚もあるとか。

スペードマークがぜんぶ同じ方向向いてるとか。
(普通スペードの2なら、スペードはそれぞれ上下を指しているハズ)

なんちゅーか、もう、実物のトランプ見て絵を描けよ。
てか描く時に気付くべ、常識として。ましてや絵が仕事なら。
ふだん色や形に鈍いワタシが見ててすぐに気付いたくらいなんだから。
絵を描いた人はもしかして実際のトランプ見たことないのか?
ワンセットの中に同じマークで同じ数字のカードが複数あったりしないでしょう?
それとも一度にトランプ3箱使う特別ルールなのかこれは?

などとアタマ抱えながら見てたんですが。
誰かが「あれはイカサマ用で同じカードが複数枚あるんだ」
と言ってたので妙に納得したのでした。
……いや中学生にイカサマまで教えちゃダメだ、お母さん(苦笑)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年9月12日 (木)

「進撃の巨人」#22「敗者達~第57回壁外調査6~」。

今回の話は仲間のご遺体をなんとか回収したい、持ち帰りたい、
せめて家族に会わせてやりたい、遺棄したりしたくない、というのが
メインテーマでしたが。
ワタシの頭の中では「???」でした。
ご遺体を大切にするメンタリティは日本人独特のものらしい、という
記憶があったからです。

以前ハワイ沖で水産高校の練習船が米軍潜水艦に沈没させられた
事故がありましたが。
あのとき最後まで日本側は犠牲者のご遺体を回収しようとしたのに対し、
アメリカ人というのは「海に沈んだのだから間違いなく死んでいる。
亡くなった場所を訪れて花を手向けることはあるが、遺体は沈んだままに
しておく。引き上げたいとは考えない」という話がニュースで報じられて
いたのを印象的に覚えていたのです。
「爆笑問題のニッポンの教養」でも遺体鑑定をなさっている法人類学者の
かたが、やはり日本人独特の遺体観について語っておられたのを覚えて
います。そのとき「死体」「遺体」「ご遺体」という言葉を慎重に使い分け
られていたのも印象的でした。

参考。
外国では遺体はあまり重要ではないのでしょうか?
http://okwave.jp/qa/q7751933.html
日本人の遺体観:死んでまで痛い目に遭うのは… 
http://www.relnet.co.jp/relnet/brief/r12-49.htm

遺体を重要視するのが日本人だけ、とは限らないようですが少なくとも
キリスト教文化圏では遺体をそれほど重要視していないようです。

この「進撃の巨人」って、登場キャラの名前からしても日本じゃないべな。
原作未読だからよくわかんないけど、巨人に追いやられた世界中の
人類が壁の中に集まってるんじゃないっけ。たしか前にミカサのお母さんが、
珍しい東洋系とか言われてたし。
なんで日本人的メンタリティ丸出しなんだこの壁外調査団。壁をあがめる
宗教が存在してるみたいだが、キリスト教文化はあんまり残ってないのかな。
もしかしていろいろ混ざった結果、最終的に日本文化的メンタリティが
定着してるのか?てかいっそ地球じゃないのかな。むーぅ。

「ガンダム00」でスメラギに対しアレルヤが、さきほど二十歳になりましたと
言ってお酒をもらうシーンがありました。それを見て、おいおい
「お酒は二十歳になってから」ってのは現代日本の法律であって、
他国では二十歳とは限らないんだぞ。こんな無国籍な物語、しかも未来の
話なのに二十歳になったからお酒OKなんて日本人丸出しにしてどうする、
と興醒めしたのを覚えています。
あと「DARKER THAN BLACK」でどう見てもロシアの学校なのに掃除当番
という概念が出てきて、あれ生徒に掃除させるのって日本独特じゃ
なかったっけ、と悩んだこともあります。

明らかに日本でない物語を描くときにはちょっと気をつかってくれないかなぁ、
とおもうのでしたよ(<個人の感想です)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2013年4月 | トップページ | 2013年10月 »