« その破壊力ったら。 | トップページ | 殺ちゅう剤。 »

2015年7月 2日 (木)

「GANGSTA.」第1話 「NAUGHTY BOYS」を見た。

原作は読んでません。

マフィアが跋扈する治安の悪い異国の街が舞台、という世界観で、
「BLACK LAGOON」とか「ミチコとハッチン」を連想し。
勝手に南米あたりが舞台かと思ってたんですが。

手話が日本語。

手話というのは国によって、言語によって異なります。
そりゃそうです語順も違うし。
まったく手話に詳しくないので(マテ)少し調べてみたのですが、
やっぱり劇中で使われていたのは日本手話だったようです。
なんでやねん。
ポルトガル語とかスペイン語とかイタリア語とか英語とか米語じゃないとおかしくね?

よくよく調べてみたらべつに舞台の街「エルガストルム」がどこの国、とは
明確な設定がないようです。
でも少なくとも日本語圏じゃないよな(苦笑)。
まぁ言葉の問題言い始めたらそもそもアニメの登場人物みんな
日本語しゃべってるのもおかしいっちゃおかしいんだけど。
手話だとはっきりと視覚に訴えるから違和感が。

架空の世界設定って、ほんと難しいよね……。

|

« その破壊力ったら。 | トップページ | 殺ちゅう剤。 »

アニメ・コミック」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/123432/61827798

この記事へのトラックバック一覧です: 「GANGSTA.」第1話 「NAUGHTY BOYS」を見た。:

« その破壊力ったら。 | トップページ | 殺ちゅう剤。 »