カテゴリー「映画・テレビ」の記事

2012年10月22日 (月)

「MONSTERS」初回2時間SPを観た。

いちおう香取さんファンなので、初回くらいはと観ましたよ「MONSTERS」。

……「パラフィン」?

パラフィンて一般的には「蝋」だよね?手タレがよく紹介してる
「パラフィンパック」を思い出される女性も多いのでは。
広辞苑で調べるとなんか化学式出てきます(汗)。ウィキペディアで
調べても似たような結果になりますので詳しくはご自分でどうぞ。
広辞苑によると「狭義にはパラフィン蝋、すなわち石蝋(せきろう)を指す」
そうです。
広辞苑には「パラフィン紙の略」ともありました。製菓用品で連想される
のはこちらでしょう。

……思ってる商品が出ない。だいたいパラフィン紙っていったら、
周りにくるりと巻くやつじゃなくて、アルミとケーキの間によく敷いて
ある蝋引きの敷き紙のことじゃないのかフツー。
ドラマで出てきた、ケーキの周りに巻いてあるあれは蝋紙にしては
透明すぎたよな。セロファンに見えたけどもな。
と思いながら探してみたらこんなの見つかりましたよと。

これだよワタシが探してたのは。「ケーキフィルム」という商品名で
手に入るようです。
どーもドラマでの「パラフィン」という言葉は、包装用で敷くパラフィン紙と
この乾燥防止用包装フィルムを混同したものと思われます。
しかし脚本家もですが、ドラマの現場なら役者を始め監督とか
カメラとか照明とかケーキ用意した人とか、誰か気づいて指摘した
人はいなかったんかいという疑問がわきます。
女優やメイクさんなら「パラフィンって蝋じゃ?」くらいは気づきそうな。

ちなみにツィッター上では「あれはパラフィンじゃない」とツッコむ人やら
その場で検索かけて調べて「違う」と確認した人やら、
「そうかあれはパラフィンという名前なのか」と素直に信じて疑わない
人やらがいらっしゃいました。ひとっていろいろです。
これを機会に世間では「パラフィン」で定着してしまうかもしれないぞ
あれの名前(苦笑)。

果たして訂正が入るのか。来週の放送が楽しみです。 <そこなのか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年1月10日 (火)

いまごろアニメ映画「あらしのよるに」を観た。

お正月の特番ラッシュで観るもんがなかったので(笑)
数年前に録画したまんま放置していた「あらしのよるに」を
やっと観ました。
一部で「BL映画」と名高い謎の作品(苦笑)。
原作は子供向け絵本のハズだが、はてさて、と思いながら見始めました。

……よくわかりました(爆)。

続きを読む "いまごろアニメ映画「あらしのよるに」を観た。"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年12月 7日 (水)

体感型ビジュアルサウンドドラマて。

この間「MAG・ネット」で紹介されていたので遅まきながら知りました。
体感型ビジュアルサウンドドラマ「ヒカリ」

女性は聴覚の生き物です。女性向けの新しい音声コンテンツが
登場するのはたいへん喜ばしいことです。んが。

 意味がわからない。

映画館の醍醐味って、大画面の迫力だよね?
回り込んでくる大音響の迫力だよね?
同じ時間・空間を共有する他者との連帯感だよね?

映像ほとんどなしって。
ヘッドホン装着って。
体験者の声が「他の客の動く音や声が気にならないのは本当に
素晴らしい」って。
じぶんちでヘッドフォンしてCDで聴けばすむ話じゃね?むしろそのほうが
心おきなく嬌声あげたり身もだえしたりお気に入りの部分を繰り返し
聴けたりしてよっぽどよくね?誰かがポップコーンのニオイを漂わせて
くる危険性もないしさ。
わざわざ映画館まで足を運んで、1,000円(レディース料金)払って
体験する値打ちがまったく見あたらないんだが?
「体感」って書いてあるけど、視覚と聴覚以外のアプローチないよね?
嗅覚とか触覚とか味覚とかないよね?CDでよくね?てかダウンロード
販売でよくね?いっそラジオドラマでよくね?そういや昔あったぞ「青春
アドベンチャー」でダミーヘッド使用のヘッドフォン推奨ラジオドラマ。
主人公の心情を文字で表示する必要性だけなら、昔からよくある
(そういえば乙女向けはあまり聞かないが)サウンドノベルでよくね?
配ってくれるのがなにか特殊なヘッドフォンなのかもとも思ったが、
1,000円以下のヘッドフォンなら性能知れてるし、自前のヘッドフォン
持ってきてもいいって書いてあるってことはヘッドフォンに特殊機能が
あるわけじゃないし。
映像も、もしかしてラストに「無事目が見えるようになりました」的な
オチがつくとかじゃないの?最悪DVDでよくね?

とりあえず食指の動くキャスティングじゃなかったからべつにいーや。<そこなのか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年12月 5日 (月)

「南極大陸」第八話「栄光なき勇者達」。

樺太犬が次々と死ぬシーンでですね。

 「○○ ○歳 死去」

って表示されるのにものすごく違和感をおぼえたのワタシだけですか。

イヌが死ぬときに「死去」って言うかフツー。
でも「死亡」だと「亡くなる」って字が入るからこれも違うのか。
「亡くなる」は敬語なので、もともとは祖父以上の相手にしか
使わなかったとどこかで小耳にはさんだことがあります。
(「父が死にました」「祖父が亡くなりました」と使い分けてた例文だった。)
ニュースでも「国内最高齢のゾウが死にました」のように言いますが
「ソウが死亡しました」とか「ゾウが亡くなりました」とは言いません。
倉持さんも「亡くなりました」って言ってたけどそれ動物に敬語だよぅ。
昭和30年代にそんな誤用あったんかいな。
動物とはいえ大事な仲間だったから、とか、他人様の犬だからその飼い主に
対する敬意で、という受け取り方もできますが。

 死亡……人が死ぬこと。死没。

 死去……人が死ぬこと。死亡。

 死没……人が死ぬこと。死亡。

 亡くなる……人が死ぬことを婉曲にいう語。

以上、すべて「広辞苑」より引用。ぜんぶ「人が」って入ってるだわ。
手許の電子辞書に入っていた「類語新辞典」には

(注)「死亡」「死去」「逝去」「薨去」「崩御」の順に敬意が高まっている。

という一文が添えてありました。……「死亡」より上やん「死去」。
ドーブツにえさを「あげる」と言ってはばからない今日この頃なので
イヌが「死去」もアリなのかもしれませんが、やっぱり気持ち悪いよぅ。

しかし代わりになんて書けばいいんだ。「絶命」かしら。
いっそ「死す」なんて表記にしといてくれたらむしろカッコよかったのに。
そんなこんなが気になるあまり例によってストーリーに集中なんて
できなかったのでした。むぅ。
多分来週も次々と死ぬので次々と表示にひっかかり続けるのだわ(苦笑)。

参考。
「死亡」「死去」「死没」は、普通、人間だけに用いられる。
しぬ【死ぬ】(goo類語辞書)より。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年9月 6日 (火)

「超豪華!!スタァ同窓会IV」を見た。

「超豪華!!スタァ同窓会IV マルヒのおきて」、アニメネタを
やるというので録画して早送りしながらその部分だけ見ました。
パンピーにもヲタにも媚びを売りたかったのか、新旧の混ぜ方が
乱暴すぎでしただよ。ちなみに「アニメ美人声優」というくくりで(同窓と
言わんやろそれ)日高のり子さん、松本梨香さん、島本須美さん、
本名陽子さん、福原香織さん、野沢雅子さん。水木のアニキも登場。
「らき☆すた」の紹介なんか、もうどうしようもなかったのか
「祭に客が大勢押し寄せた」だの「ヤフーニュースのトップに載った」だの、
なんだか作品内容に関係のない、(一部社会への)社会的影響の大きさで
すごんでみせるしかないようでした。むぅ。
ひな壇タレントたちも「萌え~」くらいしか、言うこと見つからなかったんだね(苦笑)。

ワタシが一番驚いたのは、後藤恭子が「セーラー服反逆同盟」で人気に、と
紹介されていたことでした。
今の今まで「アリオン」歌ったっきりの一発屋アイドルだと思いこんでたよーぅ。
ごめん、アイドル詳しくないしアイドルドラマはほぼ見てないんだ……。
バックに「ペガサスの少女」が流れなかったらきっと気づきもしなかった(汗)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年8月29日 (月)

お願い!ランキングGOLD「人気声優100人が本気で選んだ!本当にスゴイ声優ランキング」を観た。

8月27日の「お願い!ランキングGOLD」観ましたよぅ!
どーせまたお茶を濁す感じのパンピー向けグダグダ特番だろうくらいに
思ってて、低画質で録画してあとから観たんですが。

すげーぇ。

そこらへんのなんちゃって“アニメファン”芸能人とか、ネット投票とかじゃ
なくて、ほんとに本職の人にアンケートとってるから、顔ぶれが思ったより
ちゃんとしてたっ!
プロがプロを選んでるから、対象はベテランが主になってて、パンピーの
鑑賞にもなんとか耐える知名度の面々になってた(と思う)しっ。
今をときめく声優アイドル系は入ってなくて、いまどきのお若いヲタの方々には
物足りない顔ぶれだったかもしれませんが、
なんつーか、ワシらみたいないわゆる“第3次声優ブーム”が青春だった
世代には、ジャストミートな感じでしたわ。あのころのアイドル、大体いま
ベテランだからね……(遠い目)。

アンケートとられた「人気声優100人」ってのが誰だったのかを
ぜひ知りたいところですが。
プロがプロを評価すると、やっぱり一位はああなるんだなぁという納得の結果。
さらっと流されてしまった、中井和哉さんや草尾毅さんの得票理由が
聞きたかったとか
なんで大谷育江さんが入っててこおろぎさとみさんが入ってないんだろうとか
なんで草尾毅さんが入ってて子安武人さんが入ってないんだろうとか
小原乃梨子さんが入ってないじゃないかとか石田彰さんはどうしたんだとか
坂本千夏さんとか大塚明夫さんの代表キャラもっとほかにあっただろうとか
いろいろと腑に落ちない点もありましたが。
とりあえず 素人 タレント声優にもちょびっと言及してておもしろかったです。
なんて角の立たないコメント(笑)。

なんか、わりとまじめに作ってる印象でした。この手の特番にしては珍しく。
保存したいけど地デジ化のせいで、うちのじゃDVD-Rにダビングできないよぅ(泣)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年6月30日 (木)

「スーパー戦隊199ヒーロー大決戦」を観に行った。

「ゴーカイジャー ゴセイジャー スーパー戦隊199ヒーロー大決戦」
(長っ)を観に行って来ましたよぅ。自分でお金出して戦隊映画
観に行ったのは「アギト」と同時上映だった「ガオレン」以来です。
 <「アギト」が目的だったようだ。平成ライダーで初映画化だったからね。
でも、言うても「VS(ヴァーサス)シリーズ」を劇場公開してるだけでしょ?
「VS」ってことはゴセイジャーも主役だよな。ゴセイジャーは、個人的には
あんまりわざわざお金出してまでは、なぁ。
などと思っていたワタシがなぜ劇場行く気になったかというと、
CMで「炎 力」(レッドターボ変身前)らしき姿を確認したからです。
 <わざわざ静止画で確かめた。
その上PR番組で「天火星 亮」(リュウレンジャー変身前)も映って
いたからです。リキちゃんと天火星のリョウちゃん出るんなら見に行く!
あとゴーカイジャーの第17話で「大いなる力をまとめて11個」などという
セリフがさらっと流れたからです。
待てぃこら。11個てなんやねん。
確かに全戦隊分の「大いなる力」エピソードをいちいちやってたら
1年じゃ足りなくなりそうな気はしてたけど。全戦隊分の役者さんに出演して
もらうのも難しいだろうなぁとは思ってたけど。まとめるんかい。一体
どの戦隊がまとめられてしまったんだぁぁぁ。
というわけで映画館まで行きました。ネタバレ含むかもしんないので注意。

続きを読む "「スーパー戦隊199ヒーロー大決戦」を観に行った。"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年2月 9日 (水)

「クローズアップ現代」でワンピ特集が。

NHK「クローズアップ現代」2月9日の放送は
「漫画“ワンピース”メガヒットの秘密」
でした。
いまこの時代、この漫画が驚異的に支持されている理由は
なんなのか、ということで社会背景とからめて考察してました。
もともと期待してなかったけど、なんちゅーか、こー

 フツーだった。 <マテ。

無縁社会といわれる現代日本で、「強い絆」の物語が人々の心を
とらえている、とか
閉塞感や挫折感にあふれる人々が、つらい過去や事情を抱えた
主人公たちが真正面から夢を語る姿に惹かれる、とか。
「空気を読む」ことが重要視される世の中で、じつは心の底では
みんな、本音をぶつけあえる仲間を求めているんだ
とかいう説明をゴチャゴチャとつけていましたが。
そんなん、漫画でも小説でもほかにもいくらでもあるじょ。昔からあるじょ。
いま、ワンピが、バカ売れしている説明にはなってないじょ。
家族ぐるみでワンピに夢中で、「主人公たちの生き方を見習ってもらいたい」
と、子供に読ませるために全巻買いそろえた親御さんが出てきました。
「“ワンピース”に人生を変えられた」と語っている男性も出てきてました。
昔は漫画なんて「親に隠れてこっそり読むもの」だったのに。
ちょっと昔だったら、大人が、漫画で人生変えられたよなんて言ったら
ただのイタイひと扱いだったのに。
時代も変わったのぅ。
物心ついたときから漫画が当たり前に周りにあった、という世代がいま、
主な社会構成員(おとな)になった、というだけの話ではないのかと
ワタシには思えたのですが。

番組は特にたいした結論も深い考察もなく、ただ単にNHKのひとが
「ワンピース」を扱いたかっただけじゃなかろか、としか思えない
特集でございましただ。
そうよねいまは番組制作側の世代もそういう世代なんだよねきっと。

……すみませんワタシ「ワンピース」詳しくないんで偉そうなこと言えません。
原作は読んだことないし、アニメはウソップの登場エピソードあたりで
観るのやめたんだ……。
ワンピがブームになっているいちばんの理由は

 ワタシが見ていないこと

じゃないかとワタシは半ば本気でおもっているのでした。逆幸運の女神。
全国のサッカーファンはワタシに感謝してくれ。
アジアカップ、すっげー我慢して試合中継一回も観なかったのじょ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年10月13日 (水)

ワタシにはパンピー様の視点がわからない。

たまたまテレビをつけたら「ナニコレ珍百景」で埼玉県久喜市の秋祭りの
映像が流れはじめました。

いまさら「らき☆すた」みこしですかそうですか。 <地名を聞いた時点で
ネタがわかってしまったダメ検索機能頭。

ネタとしてはもう古いっつーか、あちこちのテレビ番組で扱いふるされて
しまっている感があるのですが。今回の扱いでは従来の「町おこし」視点
ではなく、聖地の方々のあたたかさ、みたいなのが強調されてました。
「世間一般ではオレたちオタクは気持ち悪がられるのに、あたたかく
迎えてくれた鷲宮の人たちありがとうっ!」と涙ながらに絶叫していた
光景はちょっとイタほほえましかったです。
そうだよな。こんだけリピーターがいるんだもんな。鷲宮の人たちって
よっぽどいい人たちなんだろうな。行ったことないけど。
てか気持ち悪がって排除するより共存した方がよっぽど互いの利益に
なるじょ。ドライな言い方になるけど。今ごろ気づいたか、って感じだ。
こんなのとか。
謎解宝探しin上田市 真田幸村の二槍を探せ!
昔は気持ち悪がられるだけだったからねぇ。隔世の感があるねぇ。
 <ツラい思い出がいろいろあるらしい。

しかしこないだの「深イイ話」では「ジェットマン」の最終回や、
「メビウス」での「ウルトラマン80」後日談エピソードが紹介されるなど、
「え、いまさら?」「周知の事実だろうそれは」的なネタを最近頻繁に
目にします。 <両方リアルタイムで見ていたダメ知識蓄積頭。
パンピー様には目新しいネタなのかそれ。
そのネタをテレビに送る人がいるんだぁと。
それを採用して賞金払う番組があるんだぁと。
なんか釈然としないこの気持ち(苦笑)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年9月16日 (木)

将軍様が道路交通法違反?

暴れん坊将軍がビールのCMをしてました。

SUNTORY×暴れん坊将軍キャンペーンサイト

上様がジョッキ片手に馬を疾駆させているのですが。

……馬って、軽車両扱いじゃなかったっけ。

馬と道路交通法(Yahoo!知恵袋)

酒を飲んで乗馬をしたら飲酒運転になるんですか?(Yahoo!知恵袋)

「飲酒運転・未成年飲酒は法律で禁止されています。」って
CM上でも明記されてるんだけど(苦笑)。
江戸時代だからいいのか?
ジョッキ持ってるだけで飲んではいないってことなのか?
最後のカットでは飲んでるんだけど、このあと運転代行でも頼むのか上様?

……こんなん気になってしょうがないの、ワタシだけなのか?(汗)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧