カテゴリー「音楽」の記事

2012年8月20日 (月)

AJF2012@大阪行ってきた。

去る8月19日(日)、アニメジャパンフェス2012“大阪夏の陣”
に行ってきましたよぅ。なんばHatch。
……なんかいつもより気持ちすいてたけどな(マテ)。たしかに
若干ラインナップが地味だったけどな( <個人の感想です)。

山本正之先生が「究極戦隊コウガマン」歌ってくださったから
ワタシはオールオッケーです!(感涙)

ナマで「コウガマン」聞ける日が来るなんて想像もしなかったよぅ。
てかなんで歌えるんだよワタシ。 (<リアルタイム当時、ラジオで
イメージアルバムの曲がかかっていたのをカセットテープに録音して
繰り返し聴いてたからです。)
あとチャーリー・コーセイさんの「ルパン三世その4」!場内みんな
『その4って???』という空気だったのが、曲が始まった途端
『ああぁぁぁ、この曲かぁぁぁ』という歓声に変わりました(笑)。
♪やっぱっぱっぱっ♪ってコーラスの、英語の歌。歌詞は即興だった
らしいですよご本人曰く。すげぇ。

初参加の浅岡雄也って誰やねん、と思ってたら元FIELD OF VIEWの
人でした。……「ドラゴンボール」しか歌ってなくね?と思ったら
「遊戯王」も歌ってらしたらしーです。
なんかすげーうれしそーでした。ものすごくやる気まんまんで、今後も
AJFに参加したくてたまらんアピール大放出でした。
……ビーイングって、どっちかってーとアニソンヲタにとっては「敵」だと
思うんですけどぅ。(<個人の感想です)
なんかすげーいい人っぽかったし、いい声の人だったので、せめて今後
普通のアニソン歌ってくれたりしないかなぁとちょっとおもいました。
ほんとごめん守備範囲外なんだビーイング……。ほら名前見ても
わかんなかったくらいだから(爆)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年5月 6日 (日)

SRS2012@大阪行ってきた。

去る5月5日(祝)「スーパーロボット魂2012“大阪 春の陣”」に
行ってきましたよぅ。なんばHatchまで。
初参加の「渡辺学」ってだれさんだろう、と思ってたんですが。
楽曲が最初に紹介されたときには正直、脱力。

 超者かよ。

「超者ライディーン」ってたしかあれでしょ、美少年が五人くらい、
背中から鋼鉄の翼生やして空飛んでたやつでしょ?
西条きらりちゃんがかわいかったことくらいしか覚えてないだわ。
てか西条きらりちゃん以外のキャラの名前思い出せないんだけど。
あれ?ロボット出てたっけ? <「ライディーン」です。

個人的には数話で視聴を切ってしまった作品だったのですが、
さっきウィキペディアで調べたら女性にめちゃめちゃ人気あったみたい
ですね。知らなんだ。人気なかったのワタシの周りでだけだったのか(苦笑)。
てなわけでオープニングの歌も覚えていなかったのですが。
いざ歌が始まってみると。

 なんだこれめちゃめちゃカッコいいんだけど。

上手いです。とにかく上手いです。これは長年ちゃんと歌手を続けていた
ひとの歌声です。司会のショッカーO野さんが「ネットで『当時のままだ』と
絶賛の嵐」とおっしゃってましたが。いや当時のことは覚えてないけど(マテ)
単純に上手いよカッコいいよこのひとの歌!
なんで?ほかにアニソン歌ってないの?アルバム出してないの?
もったいなくね?もっといっぱいヒーローソング歌えばいいのに!
 <ヒーローソング以外はワタシの守備範囲外。
なんちゅーか、今回一番の収穫でございましただ。いやはや。

あとAKINO with bless4。前回見たときは「……その3人、要る?」と
思うことしきりでしたが(個人の感想です)、今回はちゃんとあとの3人も
仕事してましたよぅ(個人の感想です)。
EVOLの歌だけ歌うのかと思ったら最新の一曲は歌わず、
一番人気と思われる初代の歌を歌うサービスっぷり。
なんだか誠意見せられた気分(<なんだその上から目線)。

森口博子もあいかわらず良かったよぅ。歌上手いよぅ。
聞くたび感動しちゃうよぅ。チョイスも「Z」OPとF91という親切さ。
でもワタシは個人的には「サムライハート」生で聞きたいです。
歌ってくださいよぅお願いですから。 <ロボ出てません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年6月28日 (月)

歌の楽園「アニメソングメドレー」。

「歌の楽園」テレビ東京公式サイト <バックナンバーに曲目リスト有り。
知ったのが放送日当日だったので、期待せずに見始めたのですが。

近来稀に見る良番組でございました。

30分は短いかなと思ったけど、そのぶん内容が凝縮されてる印象。
冗長なトークもないし、邪魔なひな壇芸人も涙流すおばちゃんもいないし。
某「夜もヒッパレ」のライブシーンだけ抜き取ったような構成。
選曲はリクエストが元だそうですが、新旧織り交ぜててマニア向けも
子供向けもイイ感じのバランス。
「めちゃモテ委員長」以外は全部一緒に歌えました。 <それもどうかと。
全部がオリジナル歌手じゃないのはまぁ仕方ないか。

それとテクマクジャンクション!「音楽ば~か」の関西ネットがいきなり
打ち切られたので、その後どうなったのかと心の片隅で気になっては
いたのですが。まだいたのねっ! <ひでぇ。
「音楽ば~か」で見たときには、意外と(失礼)タマシイある歌い手さん
だと伝わってきたので、出世してくれるといいなぁと思っているのですが。
ちゃんとアニメの主題歌歌えるようになるとよいねぇ。
もっともJapan Animationsong Makers Projectが完全オリジナル
アルバム出しちゃうという今日この頃。王道アニメ番組のパイ自体が
なくなってるんだろうなぁという厳しい状況なわけですが。
がんばれー。

でもセリフ部分はCDのとおりプロのを流した方がよかったと思う。 <ひでぇ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年1月11日 (月)

MUSIC JAPAN 新世紀アニソンSP.2

告知がされたときからすっげー楽しみにしてたこの番組。
保存録画にしたいのは山々だったんですが

 HDの空きが以下略。 <いい加減に行いを改めろ。

「SMAPがんばりますっ!!」と同じ日にやるんだもん……。
それも日曜日になんて。標準画質二時間半空けるのが
せいいっぱいだったんだよぅ。
まぁどーせカット分追加して「完全版」とかいって何度も再放送されるから
大丈夫だべ、と前回の経験をふまえ高をくくっておりましたらば。

案の定、完全版が放送されるそうです(苦笑)。番組最後に告知が。
今回の未放映楽曲も加えて 2月13日、23:30~ BS2にて。

さて今回最大のポイント。
イントロのナレーションが

「堀江由衣が歌番組初出演」

とかのたまってたこと。
……ほっちゃんちょっと前にHEYHEYHEY出てなかったっけ?
なんかMCにお約束のかけ声を教えて引かれてたような記憶が
あるんだけども。

  1. ワタシの気のせい。
  2. 「NHKの」歌番組、という限定された意味だった。
  3. HEYHEYHEYは歌番組ではない。
  4. HEYHEYHEY出演歴は黒歴史認定。 <マテ。

完全版でのナレーションが楽しみだ……。

ちなみに前回と違って男性の歌唱もありました。
JAM ただひと組だけ(苦笑)。 <男女混合やん。
ほんまに今いてへんねんな、ヒットを飛ばしてる男子のアニソン歌手って。

| | コメント (1) | トラックバック (1)

2010年1月 3日 (日)

年末年始。

あけましておめでとうございます。
ことしもよろしくおねがいします。

大晦日は紅白見てました。

ほかに観たいもんがなかったんだよぅよぅよぅ(泣)。

アニメ紅白観たかったけどうちじゃ受信できないしっ。
思えば昨年は実に楽しく「Qさま!」を観ていたのですが。
あれは世間的には視聴率低かったそうで。今年は
やってくんなかったのでした……。世間様の感性はわからぬ。
紅白だって観たい部分っていったらほんのちょびっとしかないので
かなうことなら全部録画して飛ばし飛ばし見るつもりでいたのですが。

ハードディスクの空きがなかった(大泣)。

日頃の行いは大切だと痛感しました(<意味違う)。
見るところってSMAPとTOKIOと水樹奈々と、あとジェロと坂本冬美と
小林幸子の衣装くらいだったよぅ。 <リアル「幸子EX」。
あのマイケル・ジャクソン追悼コーナーって、紅白に必要だったか?
SMAPファンじゃなかったら微塵も楽しくなかったんじゃなかろか。
マイケルファンならなおのこと楽しくなかったんじゃなかろか。<マテ。
あ、イギリス人のおばちゃんに英語が通じなかった木村さんが
残念でかわいかったです。通じなかった直後の木村さんのリアクションが
さらっとお茶目に流す感じで、よかったんじゃないかと。
あれ通じなかったんじゃなくて(おばちゃんの注意が通訳だけに向いていて)
木村さんの言葉を聞いてなかっただけじゃないかなぁ、と善意の解釈。
あと、北島三郎の「まつり」で、お客さんでもサブちゃんでもなく、後ろの
ダンサーを一生懸命ノリノリであおっていた木村さんがツボでした。
水樹奈々の歌は芸能界アニメの主題歌なので、普通の歌謡曲っぽくて
わりと浮いてなかったんじゃないかと。 <ポイントそこなのか。
歌唱はあぶなげなくて、そこらへんの「アーティスト」よりはよっぽど
安心して聞けました。紅白後にCDの売り上げが伸びる、という話をよく
聞きますが、どのくらい初見の非アニメファンにアピールできたのか
気になるところ。

年越しの瞬間は「ジャニーズカウントダウン」見てました。
ワタシ実はジャニーズあんまり好きじゃないんだけどな(苦笑)。惰性で。
ただ途中で流れた「SPACE BATTLESHIP ヤマト」のCMにびっくり。
ユニフォームが危惧してたほどイタくなかったよ! <どういうほめ方だ。
ガミラス星人が映らなかったのでまだなんとも言えませんが。
どうにもコントの一歩手前に見えて仕方がないのは一体なにが原因なんだろう……。
不思議なもので、ネットの評判をざっと見てると、SMAPファンの非アニメファン
は「カッコいい!」と高評価で、アニメファンは「あれはナイ」と軒並み
低評価のようなんですが。
誰が見に行くんだろう。てか誰に見に来て欲しいんだろう作り手は。
アイドル映画のクオリティじゃないけどSF映画のクオリティとも違うような。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年8月30日 (日)

AJF2009“大阪夏の陣”行ってきた。

アニメジャパンフェス2009“大阪夏の陣”に行ってきましたよと。
8月29日@なんばHatch。
とにかく出演者多い!歌い手さんだけで12人いたよぅ。
水木一郎・堀江美都子・山本正之・串田アキラ・速水けんたろう
石田燿子・サイキックラバー・谷本貴義・岩崎貴文・ささきいさお
初参加が木村充揮(ex.憂歌団)とDRAGON SOUL。(以上敬称略。)
戦隊コーナーとメタルヒーローコーナーがあり、わりと特撮率高めでした。

ドラゴンソウルって?と思ってたら「ドラゴンボール改」のOPとEDでした。
ボーカルの谷本貴義さんとギターの岩崎貴文さんのユニット。
それぞれソロでマジレンOPとゲキレンOPも披露なさいました。
「僕(ボーカル)が“ドラ”で、あちら(ギター)が“ゴンソウル”さんです」(笑)
……“ゴンソウル”さんて(笑)。
銀ぴかぴんの拳法着っぽい衣装だったんですが、(コロンビアのサイト
衣装の写真が見られます)「サイラバとカブった!と思って(苦笑)」
……キャラもかぶってるような気がしますが。
対抗心ばきばき燃やしてらっしゃいました。くす。
ちなみに「シンケンジャー」歌唱時のサイキックラバーは銀ぴかぴんの
裃(ヤンキーの袖無し特攻服っぽくもある……)みたいな衣装でした。
丈は違いますがけっこうかぶってました(苦笑)。
サイラバのブログで、並んで映ってる写真が見られます。かぶってる……)

木村さんは一人、ステージの真ん中で椅子に座ってギター一本で歌唱。
こういったアニソンのライブで有名一般歌手。浮くんじゃないのかしらと
正直、予想してたのですが。
「ゲゲゲの鬼太郎」と「カランコロンの歌」を披露。ライブならではの
変則的な歌い方(リズムを自由にずらしつつ、時々奇声を発する……)で、
独特の世界を形成。
見事に観客を惹き付けてらっしゃいました。すげぇや。

速水けんたろうおにいさん(笑)はオーレンジャーと「マッハGOGOGO」
(記憶にないんだが……大阪では放映されたのだろうか)を披露。
その後「知り合いを紹介します」と一度袖に引っ込んでから、
「どうも、谷本憲彦でーす!」と再登場。観客やんやの大喝采。
「……こんなにウケるとは思ってませんでした」(爆笑)
いまひとつ、「大きいお友達」にお慣れでないご様子でしたが。
ここに集まってるお客さんがたはみんな「疾風!アイアンリーガー」を
名曲だって知ってるかたがたばっかりでしてよ。
「WITH~友よ共に」も歌ってほしかったなぁ。

アコギ(アコースティックギター)コーナーは山本正之先生オンステージ。
「みなさんに重大なお知らせがあります。TVアニメ『ヤッターマン』は
9月いっぱいで終了します。いやニュースはそのことではなくて。
最終回の、OPは、30年前のオレの歌だっ!」(拍手)
「EDは『天才ドロンボー』!」(拍手) <それはドクロストンなのだろうか果たして。どきどきどき。
「これは、よみうりの誠意だと思いたい!」(大拍手)
「もし、この先、『オタスケマン』とか『イッパツマン』とかが
復活することがあったら、みんな、応援よろしくな!」(喝采)
……それは言外に“商魂丸出しで作品イメージをないがしろにする
無神経なタイアップには激しいブーイングを送ろうぜ!”と
おっしゃってますね?(笑)

堀江美都子さんは仮面にマント姿で「ラ・セーヌの星」。
黒のタンクトップ、黒のショートパンツに黒ブーツでその仮面と
マントはどうなんだ。なんか違う迫力が。 <あっ。
こういうアニソン・特ソンのライブでは、お客さんは一緒に歌うの
はもちろん、オリジナルに忠実なコーラスや合いの手を入れるのが
お約束なのですが。
「ラ・セーヌの星」では、『ああっ、今ものすごくあの台詞を入れたい
けど入れられないっ』という空気があちこちから伝わってきました。
いや、無理だから。フランス語だから無理だから(苦笑)。

16時開演で、終了したのが19時30分でした。長っ。
曲数もむちゃくちゃ多かったですし、「ラ・セーヌの星」「銀河大戦」
「時空戦士スピルバン」「超人機メタルダー」といった、馴染みは
深いのに生で聴ける機会は少ない、という歌が数多くチョイス
されていてかなり楽しめました。
堀江さんのソロソングがひとつわかんなかった……。説明もなかったし。
なんだったのだろーか。残念。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2009年8月25日 (火)

MUSIC JAPAN「新世紀アニソンSPECIAL」。

8月16日に地上波で放送されて、8月24日にBS2で「完全版」が
放送された、曰く「テレビの音楽番組としては初めて
アニソン界のトップアーティストがNHKホールに大集合」。
地上波放送分は公式サイトのバックナンバーページで
出演者及び曲目リストを見ることができます。

察するにここでの「アニソン」の定義は「そのアニメのために
作られた歌をアニソン界の人間が歌っている」ということのようで。
さすがNHK。
「オープニングに流れてるだけ」といったいわゆる「アニタイ」は
基本的に出てきませんでした。唯一出ていた一般歌手SCANDALは
アニメ「けいおん」のEDをカバー。(完全版では「BLEACH」のOPも
歌ってましたが。自分たちの持ち歌を省略されるってすごい)
「完全版」で茅原実里と水樹奈々がオリジナル曲を歌ってたのが
釈然としなかったけど。アニソンのくくりでいいのかそれ?

チャート上位曲、人気シンガーばかりだったのですが、深夜アニメの
楽曲ばかりだったのもまた事実で。そこが新世紀アニソンたるゆえんか。
完全版で紹介された中でも非アニメファンが耳にしたことがある曲は
パチンコのCMで流れてた「ファフナー」と「アクエリオン」くらいだった
かもしれません。
今さらだけど「売れてる=知られている」じゃないんだねぇと再認識。

ワタシの一番の印象。

歌ってたのが全員女。

出演者ではangelaのギターだけがただ一人の男性。
「新世紀アニソン」って女性シンガー限定なんですか。
たしか前回のANIMAXアニソングランプリ受賞者は男性だったのに。
いま男性アニソンシンガーって、少なくともリリース面では
芳しくないってことなのか。そういやチャートで見た記憶がないなぁ。
男性シンガーが活躍できる系のアニメ作品がそもそも少ないのか。

昔は結構女性アニメファンに売れまくった作品もチャート上位で
よく見たけどなぁ。
ユニットっていうか、グループが多かった気がするけど。あるいは
作品の主人公たちがグループ。
女性は好みが細分化してるから、ひと束にして売った方が効率が
いいんだろうなぁ。

あともうひとつびっくりしたこと。

NHKなのにみんなアルバムのPRしすぎだ(笑)。

NHKもずいぶんゆるくなったんだなぁと。びっくり。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年5月 7日 (木)

SRS2009@大阪行ってきた。

去る5月5日(祝)、スーパーロボット魂2009“大阪春の陣”
@なんばHatch、に行ってきましたよ、と。

チエカジウラてどなたさまかと思ってたら歌ミレーヌだったのね。
福山芳樹さんと一緒にFire Bomberコーナーありましたが
ワタシ「マクロス7」観てないのでさっぱりわかりませんでした。
でも上手かった……。

森口博子は「ガンダムF91」主題歌とSDガンダムGジェネ
主題歌のA面・B面の計三曲でした。
ワタシ「Gジェネ」やってないのでさっぱりわかりませんでした。
でも上手かった……。

bless4が影山ヒロノブさん(大阪出身者)に
『大阪のおばちゃんはどこに行ったら見れますかっ?』
と訊いていたそうです。
『アメ村行ったら見れますかっ?』
『アメ村……にはあんましいてへんかなぁ』
『グリコの看板の下に行ったら見れますかっ?』
『グリコの看板とこ……にもあんましいてへんかなぁ』
『どこに行ったら見れますかっ?』
『……うーん、天六あたりとか、かなぁ』
地元民にはものすごくよくわかる返答(笑)。
てか大阪で見たいモノそれなのか帰国子女のみなさん。

今回はわりとメジャー曲メインだった印象。
個人的には「HEATS」が聴けたので満足でした。
やっぱりなんべん聴いてもカッコいいよぅ。

会場でもらった夏ライブのチラシに速水けんたろうさんの名前が
ありました。おおおおおおっ。
ぜひ「WITH~友よ共に~」歌って欲しいぞっ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年3月29日 (日)

アニソンのど自慢だそうだ。

NHK大阪放送局で「アニソンのど自慢」出場者を募集
しているそうです。

……「アニソン」て、どこからどこまで?

「マジンガーZ」はアニソンだよな。
「残酷な天使のテーゼ」はアニソンだよな。
「そばかす」はアニソンでいいのか?
「メリッサ」はアニソンなのか?
「Wings of Words」はアニソンと呼ばれたいやろか?
「シングルベッド」がアニメで使われてたって覚えてるか?
「冒険でしょでしょ?」とか「もってけ!セーラーふく」は
アニソンというくくりでいいのか?

イベント詳細ページには
世代を超えて愛されるアニメソングの名曲から最新のヒット曲を
歌唱いただく出場者15組
って書いてあるんですよ。
本選出演者が水木のアニキとMay’nさんなんですよ。
少なくとも「ご家族みんながわかりやすいテレビまんがの主題歌だけ
ご参加ください」というわけではなさそうです。
チャレンジャーだなぁNHK大阪。
会場の空気が想像しただけでとってもどきどきどき。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年3月28日 (土)

青春ラジメニア20周年記念CD。

「青春ラジメニア」という、関西ローカルの老舗
アニソンラジオ番組があるのですが。
この4月15日に20周年記念のCDが出ることになりました。
番組20周年記念、というめでたさもさることながら。
このCD、収録曲がなんつーか、マニアック。
CDが入手困難だったり、未CD化だったりする楽曲重視。
番組にゆかりの深い曲、という選定基準もあったため、
有名曲から無名曲まで多種多様。

3月27日にようやく明らかになった収録楽曲リスト

1と20は番組オリジナル曲で、番組のOPとEDです。
8は前身番組「アニメ玉手箱」でOPとして使用されていた曲。

個人的には13.「遅れて来た勇者たち」がものすごくうれしい!
「緑山高校 甲子園編」エンディング・テーマ 。
とにかくいい歌だけども、これまで入手困難で有名でした。
この曲だけでも、買う価値アリですよ、ラジメニを知らないかたでもっ。

蛇足ですが「おめでとうメッセージ」リストの中の「一条和也」て
「一条和矢」の間違いではなかろか……(苦笑)。

青春ラジメニア 20周年記念アルバム アニソン玉手箱~ひねくれの逆襲~/テレビ主題歌[CD]

| | コメント (0) | トラックバック (0)